兼業アフィリエイターがアフィリエイトで稼ぐ方法

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

記事一覧

良いコンテンツ? コンテンツマーケティングってなに?

良いコンテンツ? コンテンツマーケティングってなに?

アフィリエイトをやってると

「良いコンテンツを作りましょうね!テヘ」

って言われますよね(しかも、突き放され気味に)。

 

 

ボクも、アフィリエイト塾で何度も言われました。

ASPさんのセミナーとかに参加しても、耳にするようになりました。

SEOのセミナーとかでも頻繁に言われていますよね。

 

 

 

で、いつものとおり、「良いコンテンツ」ってなによ?

と疑問に思ってしまうわけです。

マジで、こういうことちゃんと教えてほしい・・・

 

 

「良いコンテンツ」

それ自体は、そのコンテンツを見る人や、作る人の立場、価値観によって異なります。

なので、すべての人にとって良いコンテンツというのはありえないのです。

 

 

 

そもそも、「コンテンツ」という単語をぐぐったところで、

納得のいくようなまともな回答ってありません。

 

 

コンテンツとは、「中身」のこと。

デジタル‐、映像‐、商業‐、素人‐、などといった複合語がある。
いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、
それらの内容である著作物を指すことも多い。
英語では普通はcontentと単数形で書く。本項目の英語版もContentである。
英語でcontentsとして複数形で書くと、普通は「目次」の意味になる。
この場合は、Table of contents(内容の表)の略である。

引用元:wikipedia

 

 

良いコンテンツを作っていくとSEO上有利になる

 

こういう言葉を聞くほど、

突き放されただけのボクのようなアフィリエイターには

もう疑問で頭がいっぱいになってしまうわけです。

 

 

では、どうして「良いコンテンツ」という言葉が注目されつつあるのか

その背景について説明します。

 

 

良いコンテンツは、

SEO上有利なんていうのは、後付です。

 

 

そもそも、「訪問者のためになるコンテンツを作りましょう」

という言葉を頻繁に聞くようになったのは、

コンテンツ・マーケティングというマーケティング手法が台頭してきているからです。

 

 

 

コンテンツ・マーケティングとは

 

コンテンツマーケティングという手法は、2012年頃から

欧米で流行り出した手法です。

 

2014年頃から日本でも

コンテンツマーケティングが注目され始めました。

 

 

コンテンツマーケティングを簡単に説明すると、

見込み客にとって有益となるコンテンツ(情報でもいいです)を提供し、

見込み客を育て、購買してもらい、ファンになってもらうというもの。

 

 

購買意欲の高い「今すぐ客」をターゲットにするのではなく、

ニーズを感じてないお客さんをターゲットにするのが

コンテンツマーケティングの手法です。

 

 

 

アフィリエイター目線で見るコンテンツマーケティング

 

アフィリエイトでは、「購買意欲の高い今すぐ客」を狙うのが

少ないアクセスでも報酬を得る方法だということを、

こちらの記事で紹介しました。

 

どうして、あの人は少ないアクセスでも報酬をあげられるのか

で、購買意欲の高いアクセスを集めるために、

アフィリエイターは、「商標」の複合キーワードで

検索順位上位を狙って、シコシコ記事を突っ込んでいきます。

 

ときには、サテライトサイトからのアンカーテキストを添えて♪

(なんか洒落たカフェのメニューみたいになってきた!)

 

 

広告費にお金を使える人は、

PPC広告をうって、購買意欲の高いキーワードに広告を出します。

 

すると、どうなるか・・・。

 

 

購買意欲の高いキーワードは、

PPC広告をうつための費用がどんどん急騰していくわけです。

 

 

おかげで、割に合わなくなってくるというわけです。

 

 

広告費をつっこんで、購買意欲の高いキーワードで

広告を出しても、クリック単価が跳ね上がってしまい

報酬が発生してもうまみがなくなってきた!

 

 

競争の激化によって、次の一手として取り入れられつつあるのが、

コンテンツマーケティングなんです。

 

 

なので、ニーズの高い「今すぐ客」ではなく、

潜在的にニーズのある人を対象にして、

有益なコンテンツ(記事じゃなくて動画や音声やメルマガでも可能!)を

提供することで、顧客との信頼関係を構築していきます。

 

 

そして、自分の紹介するアフィリエイト案件を購入してもらうんです。

 

 

 

以上がアフィリエイター目線で語った

コンテンツマーケティング台頭の背景です。

 

 

「良いコンテンツを提供しましょうね」とアフィリエイターが言うのは

コンテンツマーケティングを実践しようね、と言ってるようなものです。

 

中には周りの人が言ってるから、

意味も分からずに言ってるだけの人もいますが。

 

 

つまり、あなたの書く一つ一つの記事が、

訪問者との信頼関係を築き上げ、

「よし!この人の言うことなら信頼できそう」だ

と思ってもらうために記事を書くんです。

 

 

ボクは、コンテンツマーケティングを知って感動しました。

 

・アフィリエイトは苦行でしかない

・サテライトサイトの量産・更新もう嫌!

・KW選定とかめんどくさくて時間ない!

・狙ったキーワードで検索上位に上げないと儲からん!

・そもそも、くだらない記事の量産とか人間のやることじゃない!

 

と思っていたところから、一気に道が開けてきたので。

 

 

 

そう・・・アフィリエイトの本質である

お客さんのためにおもてなしをするんだよ、

そのための具体的な手法があるんだとわかったからです。

 

 

※以前は、自動で1万ページとか吐き出してました・・・

※無料ブログの自動作成ツールとか使って1日10ブログとか作ってました・・・

※ひたすらごり押しのおすすめ記事を書いてました・・・

※自動で文章吐き出すツールとか使って無料ブログを散らかしてました・・・

 

 

 

コンテンツマーケティングの概念がアフィリエイターに浸透していけば、

アフィリエイターってゴミサイトばかり作ってんじゃねえよ!

って思われることも少なくなると思うんです・・・。

 

 

 

 

あなたの書く1つ1つの記事が、

お客さんのためになる記事であればあるほど、

お客さんとの信頼関係を構築する機会が増えるんです。

 

 

馬鹿みたいに強引に「おすすめです!!」なんて推すのは、

ネットワークビジネスの勧誘と同じで迷惑なだけなのです。

 

 

 

マスメディア目線で見るコンテンツマーケティング

 

アフィリエイター目線だけでなく、

昨今のマスメディア事情からも、

コンテンツマーケティング台頭の背景を説明しましょう。

 

 

マスメディアを使った広告って、

沢山の人に到達させることができますが、

購買に直結しない、と言われていますよね。

 

 

テレビのCMなんてそもそも見ないし、

Youtubeの広告なんてウザイだけ!と思ってる人も多いはずです。

 

 

マスメディアを使って広告を配信することは、

たくさんの人に伝えるには便利ですが、

購買行動に結びつくまでに時間がかかりすぎるわけです。

 

 

そして、マスメディアによる広告は、

インターネット上の広告と比べて、費用対効果が悪すぎます。

 

 

こうしたマスメディアのデメリットを克服するために、

コンテンツマーケティングという手法が、日本でも導入されつつあります。

 

 

オウンドメディアという言葉を最近よく聞きますよね。

あれもコンテンツマーケティングですよ。

 

 

 

今日のまとめ

 

良いコンテンツというのは、

コンテンツマーケティングと結びつけると理解しやすい

 

全ての人にとって

良いコンテンツというのはありえな

 

 

 

 

では、次回はもう少し突っ込んで

コンテンツマーケティングについて説明していきますね!

 

 

自分を客観的に見つめ直す3つの方法

自分を客観的に見つめ直す3つの方法

あなたは、自分のやってきたことを

「客観的に」見つめ直すことができますか?

 

 

信じた道を進んできたけど、

ある日突然疑問が湧いてしまった。

 

 

アフィリエイトでそんな経験をしている人向けに、

「自分自身を客観的にとらえること」の大切さと

その具体的方法について紹介します。

 

 

 

サイト作成とひたすら記事さえ突っ込めばいいと思ってた過去のボク。

 

 

「自分のやってることが本当に正しいのか」

そう疑問に思えてきても、疑問を確信に変えて、

これまでとは違う方法をとることって、本当に難しいです。

 

 

心の中に湧いた疑問を打ち消すために、

ボクは、必死にサイト作成を続けていたのかもしれません。

立ち止まって考えたら負けだ、とすら思ってました。

 

 

自分のやってることが間違ってる、方向性を変えよう、

そう思ってもなかなかできないものです。

 

 

気づいているのに、

それを認めたくない、って誰にでもあるはずです。

 

ましてや、アフィリエイトというのは、

一人で孤独と戦うのみだと思ってましたので。

 

 

たしかに、アフィリエイトの塾内でオフ会みたいのもありましたが、

結局、みんな腹の内を語ろうとしませんよね。

どこか、なにか隠したかのように接するので、

ドンズバの答えを得ることすら難しいものでした。

 

 

しかし、自分のやってることが正しいのかどうか

本能的にわかってるはずなんです。

 

 

うまく説明できませんが、

あなたの直感は、あながち間違って居ません。

 

 

 

 

 

理屈で説明できないことが大嫌いなボクにとって、

直感って言葉を使うこと自体、気が引けるんですが、

直感というのは「もう一人のあなた」が教えてくれるサインです。

 

 

本気で取り組んでるからこそ、

直感だって研ぎ澄まされてます。

なので、直感に従ってもいいと思うんです。

 

 

しかし、人間は弱い生き物です。

不安や先行きの見通せないときに、

自分自身の判断を「直感」という合理的ではない理屈で

決定することほど恐ろしいものはありませんよね。

 

 

少なくとも、ボクはそうでした。

 

 

なので、客観的に自分を見つめ直すために、

ボクが実際にやって効果のあった3つの方法を紹介します。

 

 

 

 

 

整理整頓というより断捨離!

 

積み上げられた本

客観的に自分を見つめるとき、

いらないものは、徹底的に捨ててしまいましょう

 

断捨離とは

 

断捨離(だんしゃり)とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え。

断、捨、離のそれぞれの意味は以下。

断=入ってくる不要なモノを断つ
捨=家にずっとある不要なモノを捨てる
離=モノへの執着から離れる

従来の「もったいない」「まだ使える」というモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは私に相応しいか」と問いかけてみる——つまり、主役はモノではなく「自分」。「モノと自分との関係性」を軸に取捨選択していく技術のこと。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2133077715910584401

 

 

余計なもので部屋が溢れてるときって、

本来やるべきことに気持ちを集中できません。

 

 

捨てるときのポイントは人それぞれかもしれませんが、

ボクは、3ヶ月間目を通したことがない

ノウハウ系のマニュアルなんかも全部捨ててしまいます。

 

本も同様です。そして、マンガも。

 

脳みそというメモリーとハードディスクに

空白状態をできるだけ確保しないと、

新しいことなんてインストールできません。

 

それに、脳みその中がパンパンに溢れていると、

判断が鈍るからです。

 

ビニール袋と段ボール箱に片っ端から突っ込んで捨てる

そうすれば、思いっきりクリアな思考が保てます。

 

ノイズになるようなものは、極力減らしておきましょう。

 

 

 

日報をつける

 

日記じゃありません。日報です。

昼間の仕事でも、業務日報とかつけますよね。

 

事細かに、その日やったことを、

いつはじめて(そしてどれくらいの時間をかけたか)

何を(具体的に)やったのか、

毎日日報をつけるんです。

 

 

日報を毎日記録していくのは、

あなたの行動の癖を知るためです。

 

 

 

ボクが、意味もなくひたすらサイトを量産しててもダメだって気づいたのは

この日報のおかげです。

 

思いついたキーワードでドメインをとり、

4ページくらいページを突っ込んだら

またドメインをとって、別のキーワードでサイトを作成する。

 

 

今となっては恥ずかしい話ですが

稼ぐためにはサイトの量産こそ必要だという呪縛に囚われていました。

 

 

「思いついたキーワードは、

他の人よりも早くサイトを作ればいい」

そうすれば、検索上位にサイトをもっていける

なんて甘い考えだったのかもしれません。

 

 

競合を調べることなくサイト量産したところで、

中途ハンパなサイトが量産されるだけです。

俗にいうゴミサイトってやつですね。

 

 

しかも、例のごとくネット上のカレンダーとかにつけるのではなく、

きちんと紙媒体に日報を書き込むことです。

 

予定表ではなく、日報です。

 

今日頑張りました、なんてことをいくら書いたって意味がありません。

あなたのガンバリを視覚的に振り返るためにおすすめの方法です。

 

 

 

鏡を机においておく!

机の上の鏡

これ、超強力です(写真は、ボクの仕事机と鏡)。

なんで、こんな強力なことを誰も伝えないのか不思議です。

 

 

そもそも、机に鏡を置いておくと、

バツグンの集中力も発揮できます。

 

このことに気づいたのは、あるホテルに泊まったときでした。

箱根の芦ノ湖にあるこちらのホテル(レイクビューアネックス)。

 

レイクビューアネックス

 

客室の机に、大きな鏡が立てかけてありました。

 

で、この大きな鏡の前で、自分のサイトの振り返りや、

アフィリエイトノウハウでやってきたこと、

これからの目標とかブレインダンプしてました。

なんでか知らないんですがめっちゃはかどりました。

 

机に設置する鏡はできるだけ大きいほうがいいと思いますよ!

 

 

今すぐできること

 

もしも、あなたが客観的にこれまでの歩みを見つめ直したい

そう思うなら、紹介した中のどれかをやってみてください。

 

・部屋のものを断捨離する

・日誌をつける

・鏡を机におく

 

鏡を机の上におく!ってのは、特におすすめです。

客観視できるだけじゃなくて、集中力も上がります!

 

 

 

 

アフィリエイト塾を選ぶときに失敗しないポイント

アフィリエイト塾を選ぶときに失敗しないポイント

アフィリエイトで稼いでく!

稼げるスキルを身につけよう!

 

 

で、たいていの人は「水先案内人が必要だ」

そう考えますよね。

 

ボクもアフィリエイトを学ぶうえで、

アフィリエイト塾に入りました。

ブログすら書いたことがなかったボクには、

無料ブログのping送信すらわからなかったので。

 

 

アフィリエイト塾に入れば稼げるようになる

そう考えるのは早計です。

 

 

 

もちろん、アフィリエイト塾では、かけがえのないことも学びました。

それは、ネットで稼ぐためのマインドセットです。

 

ネットで稼ぐために、一番重要なのがマインドセットだ

と言われてるくらいですから、これはこれで貴重なことを学べたのかもしれません。

 

 

しかし、アフィリエイト塾では得られないこともありました。

 

それは、「結局どうしたらいいの?」ってとこがわからないんです。

この疑問が時間が経つにつれて、どんどん顕著になっていきました。

 

 

 

塾生の人数が多いから安心

 

いや、「塾っていうんだから、そんなことないでしょ」

と思う人もいるかもしれません。

 

しかしですね。

有名なアフィリエイト塾って、

人数が1000人以上ってあたりまえです。

 

1000人に向かって

きめ細かい指導なんて出来ると思います?

 

無茶ですよ、そんなの。

 

 

大学の大教室で受けた授業を思い出してください。

 

どんなに有名な教授が講義をしていても、

教授の講義に真剣に耳を傾けノートを取ってるわけではありません。

 

なかには、寝てる学生だっていますよね。

※ボクは、よく寝てるだけでした・・・

 

 

塾生が多ければ多いほど、

その環境が違うわけです。

 

それぞれの塾生の悩みや得意なことも違います。

 

 

 

豊富な過去ログがある

 

アフィリエイト初心者のときに、

いきなり膨大な過去ログ見ると知恵熱が出ます。

 

 

法律初学者が、民法大全のような分厚い書物を読んでも

まったく頭に入ってこないのと一緒です。

 

ある程度アフィリエイトについて知識があるなら

過去ログはお宝に見えるでしょう。

 

しかし、ボクのように理屈で考えるタイプは、

全体像をまず知りたがるはずです。

 

既に、アフィリエイトで20万稼ぐ人には

豊富な過去ログは貴重になるでしょうし、

すんなり頭に入ってくるでしょう。

 

アフィリエイト初心者さんには、

豊富な過去ログよりも、整備された情報のほうが遙かに重要です。

 

 

 

サポートが手厚い

 

サポートが手厚いってのはいいことです。

 

特にアフィリエイト初心者の頃は、

サーバーにドメインを設定するってことすら難しく感じます。

 

更に、塾で配布されるツールがある場合、

ツールを設置したり、使っていくことすら難しいわけです。

 

サポートが手厚いと唄ってる塾は、

サーバー設置の代行までしてくれるのかどうか

つまり、どこまでサポートしてくれるのか

調べておくといいですよ。

 

中には、対応が早くても、

回答された内容が理解できないってこともありますので。

 

 

 

稼いでる塾生を輩出した塾生が多数いる!

 

実績がないよりも実績があったほうがいいと思います。

しかし、これも裏を返せば、

大量に塾生がいれば、稼げる人が確率的に出てくるというわけです。

 

数字のトリックです。

 

更に、アフィリエイトずぶのシロウトが

半年で100万を達成することができる

これは、常識的に考えて不可能に近い数字です。

※なかには、もともとの下地ができてる人もいますけど。

 

 

 

特別単価がもらえる

 

初心者にとって特に嬉しいのは、この特別単価でしょう。

ボクも、アフィリエイト塾からもらえる特別単価は嬉しかったです。

 

 

通常、個人でASPの担当者をつけて

特別単価の交渉をするというのも難しいはずです。

 

稼ぎ始めるとASPの担当者がついて、

特別単価を設定してもらうことも可能ですが。

 

 

 

稼ぐためのツールがある

 

こういうツール系って、魔法の響きがしますよね。

ボクも心ときめきましたから(笑)。

 

で、稼ぐための自動化ツールって、確かにあることはあります。

 

しかし、スパム認定されると、

検索エンジンにインデックスすらされません。

 

 

当然です。

1ツールで何万というページを一瞬で出力する。

これをあなた一人がやってるわけではなく、

その塾生全員がやるんです。

 

 

10人が使えば、10万ページがネット上に放出されるわけです。

1000人が使えば、1億ページがネット上に放出されるわけです。

 

グーグルさんからスパム認定される前に

稼ぎきってしまおうという考えは大切ですが、

初心者アフィリエイターさんがこういう発想を持つこと自体難しいと思います。

 

 

 

あなたの学びたいものをはっきりさせる

 

じゃ、アフィリエイト塾なんて入ってもムダなのか?

そういうわけではありません。

 

 

 

アフィリエイト塾だけではありませんが、

アフィリエイトのノウハウを学ぶうえで大切なのは、

あなたが学びたいものをはっきりさせる必要があります。

 

 

これは、あなたの求めてることと

提供されるコンテンツのミスマッチを防ぐためです。

 

 

「アフィリエイトで稼ぐ方法を学びたい!」

これだけは、かなり曖昧なんです。

 

 

・無料ブログで稼ぎたいのか・独自ドメインでサイトを量産したいのか

・独自ドメインでパワーサイトを作りたいのか

・PHPツールの吐き出しで膨大なページ数を作るのか

・ライティングを強化したいのか

・アクセスの集め方を知りたいのか

・購買意欲の強いお客を集めたいのか

・購買意欲の高くないお客を集めて購買意欲をあおる方法を知りたいのか

・SNSをうまく使いこなしたいのか

・コンテンツマーケティングを覚えたいのか

・ペラサイトを作って稼ぎたいのか

・くじけない鋼の精神を手に入れたいのか

・稼げるツールが欲しい

 

 

 

 

学びたいことをはっきりさせる。

学ぶ目的を明確にすることが、

お金を支払って、何が得られるのかにつながります。

 

 

 

ただなんとなく稼げそうだなぁ・・・

ってだけじゃ、絶対に稼げない現実があります。

※これはアフィリエイトだけでなく、昼間の仕事もいっしょです。

 

 

 

 

 

塾に入るかどうか迷ってる人が今すぐできること

 

それぞれのアフィリエイト塾には、

有利な点と不利な点があります。

 

 

「あなたが学びたいことを得られるのかどうか」

この点についてボカしてる塾は、

とっとと選択肢から外しておきましょう。

 

 

相手を透視して文章を書く方法?!

相手を透視して文章を書く方法?!

よく、ネット上の文章の書き方で

「読み手を想像して記事を書きましょう」

ってサイトを見かけますよね。

 

 

読み手を想像して文章を書けるってのは、

独りよがりにならない記事を書くために重要なことです。

 

 

アフィリエイト塾に入って1年間、

このことが理解出来なかったんですよね・・・。

 

 

 

だって、会ったことも話したこともない人なのに

読み手のことを想像できるはずがありません。

 

 

 

 

イタコさん?

それとも、アフィリエイターってのはエスパーなんだろうか

見たこともない人を透視するかのようにイメージできるのか

って、本気でわからないことだらけでしたよ・・・。

 

 

 

しかも!手紙じゃないんだから、

ネット上の記事を見る人って、1人じゃないはずです。

 

 

さらに、ネット上の記事は、

検索してアクセスする人もいれば、

ブログランキングからアクセスしてくる人も居ますよね。

 

 

もしかしたら、単なる暇つぶしで

たまたまあなたのサイトに訪れた人も居るかもしれません。

 

 

もちろん、サイトを見るタイミングも、

投稿した後すぐなのか、

サイトの他の記事をみてからなのか

忘れた1年後なのか、

 

まったく違うわけです。

 

 

「複数の読み手のことを想像しながら、1つの記事を仕上げる」

こんな超人技みたいなことを可能にするのが

アフィリエイターなのか・・・と本気で思ってました。

 

 

で、疑問になるとムシャクシャしてくるんで、

サイトをアホみたいに作れば「なにかがわかるはず」と思ってました。

※結局、アホみたいにサイトを作るだけじゃ稼げないってことはわかりました。

 

 

 

読み手とはあなたが作ったサイトのペルソナ

 

「読み手を想像して記事を書きましょう」

 

アフィリエイトやライティングのノウハウって、

はしょって伝わると、とんでもないことになります。

 

 

ここでセットになるのも、ターゲッティング。

もっといえば、ペルソナ設定です。

 

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

 

普段からこちらのブログをよんでいただいている方は、

もうそろそろお気づきでしょう。

 

 

そう、ライティングスキルと言われる類いのものは、

まず、ペルソナ設定ありき、だと言うことです。

 

 

 

そして、そのペルソナ設定さえできてしまえば、

あなたの書く文章は、必然的に共感を得やすくなるんです。

 

そして、ペルソナさんに向けて書くんですから、

当然のことながら、読み手のことを意識した文章が書けるんです。

 

 

 

そして、そこから派生するライティング系のスキル、

通称コピーライティングと呼ばれるスキルにつながっていきます。

 

 

・購買意欲をかき立てる文章の作り方

・相手の興味を引きつけるための記事の作り方

 

 

コピーライティングや

心理的トリガーがどうとか、

いくら学んでも、ピンとこないのは、

ペルソナ設定という大前提を教わってないからです。

 

 

逆に、ペルソナ設定という超大前提を知って作られたサイトは

知らずに作ったサイトと比べて一線を画します。

 

 

抜きんでます。

 

 

 

それくらい大事なことですが、

ほとんどのアフィリエイターはこのことを教わってません。

ってか、教わりません・・・・。

 

もしくは、「ターゲッティング大事だよー(小声)」

の一言で終わってしまうわけです。

 

 

 

今すぐできること

 

ペルソナ(ターゲット)設定があってこそ!

と、ノートに書いておいてくださいね。

 

 

寝る時にペルソナペルソナペルソナ

と羊を数えるくらいに復唱してもらってもいいです。

 

 

それくらい、今のアフィリエイトには大事なことなんです。