• 投稿
  • Q&A
記事タイトル=要約でいいの? 1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり

「記事タイトルの付け方ってどうすんの?」

とSNSで聞かれたので説明しておきます。

 

 

 

記事タイトルの付け方で大切なことは、

「いかに興味をひきつけるか」です。

 

 

 

そこで、必要になってくるのが「具体性」です。

 

 

 

人間の第一印象は、視覚(見た目)で決まると言われています。

 

 

ブログ上で、この見た目にあたる部分は、

 

「ブログタイトル」

「記事タイトル」

そして、「記事の書き出しの部分」です。

 

 

この3つを瞬間的に判断して、

その記事をクリックして読む、

クリックもせず他のサイトにいくかどうかを決定しています。

 

 

だからこそ、

クリックして読ませるためには

興味を持たせる記事タイトルをつける必要があります。

 

 

 

 

しかし、

ほとんどの人がやってしまいがちのパターンが

記事内容の要約を記事タイトルにするやり方です。

 

 

あなたのサイトが超絶人気サイトだったらこれでもいいです。

芸能人がフェイスブックで「おはよ~」って言うだけで、

イイネとコメントの嵐になるんですから。

 

 

しかし、ほとんどの人は、

あなたの存在を知らない人ばかりです。

そして、あなたがブログを書いていることすら知りません。

 

 

 

 

 

要約って、なんのためにするのか考えてみましょう。

 

 

 

 

要約読めば、

内容がある程度わかるから要約なんですよね?

 

 

つまり、読まなくても、要約された記事タイトルだけ見れば

どういうことが書いてあるのか説明してしまうようなものです。

 

 

 

 

具体性を出す

 

記事タイトルが要約になってしまう人は、

この「具体性」が有効だと思います。

 

 

 

たとえば。今回のボクの記事タイトル。

 

普通につければ、「記事タイトルのつけ方」

もう少し踏み込んで、「興味を引き付ける記事タイトルの付け方」

こんなところでしょうか。

 

 

しかし、これだと抽象的すぎてボヤけてるんです。

 

 

そこで、「1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり」

としてみました。

 

「1秒」というところが具体性です。

 

 

 

「そこまで具体的にしちゃっていいの?」

と不安になる人もいると思いますが、

具体的であればあるほど、興味を引くことはできます。

 

 

 

 

「1日でできる興味を引く記事タイトルの付け方」

 

 

「3分でできるインスタントタイトル作成方法」

 

 

「300人が注目した記事タイトルの付け方」

 

 

いくらでも考えれば出てきそうですよね(笑)

 

 

 

 

 

記事タイトルの付け方は、他にも法則があります。

ご要望あればどんどん公開していきます!

 

 

今すぐできること

 

あなたが書く記事のタイトルを

「具体的」にしてみましょう

 

 

そしてできる限りインパクトのあるタイトルに!!

 

 

いやいや、自分のブログでそんなこと怖くてできない!

いきなり人が変わったみたいだし!

 

って人は、別にブログを作って、

中身は丸ごとあなたのサイトをコピペしたまま、

記事タイトルだけ変えて反応を見ても面白いと思いますよ!