自分を客観的に見つめ直す3つの方法

あなたは、自分のやってきたことを

「客観的に」見つめ直すことができますか?

 

 

信じた道を進んできたけど、

ある日突然疑問が湧いてしまった。

 

 

アフィリエイトでそんな経験をしている人向けに、

「自分自身を客観的にとらえること」の大切さと

その具体的方法について紹介します。

 

 

 

サイト作成とひたすら記事さえ突っ込めばいいと思ってた過去のボク。

 

 

「自分のやってることが本当に正しいのか」

そう疑問に思えてきても、疑問を確信に変えて、

これまでとは違う方法をとることって、本当に難しいです。

 

 

心の中に湧いた疑問を打ち消すために、

ボクは、必死にサイト作成を続けていたのかもしれません。

立ち止まって考えたら負けだ、とすら思ってました。

 

 

自分のやってることが間違ってる、方向性を変えよう、

そう思ってもなかなかできないものです。

 

 

気づいているのに、

それを認めたくない、って誰にでもあるはずです。

 

ましてや、アフィリエイトというのは、

一人で孤独と戦うのみだと思ってましたので。

 

 

たしかに、アフィリエイトの塾内でオフ会みたいのもありましたが、

結局、みんな腹の内を語ろうとしませんよね。

どこか、なにか隠したかのように接するので、

ドンズバの答えを得ることすら難しいものでした。

 

 

しかし、自分のやってることが正しいのかどうか

本能的にわかってるはずなんです。

 

 

うまく説明できませんが、

あなたの直感は、あながち間違って居ません。

 

 

 

 

 

理屈で説明できないことが大嫌いなボクにとって、

直感って言葉を使うこと自体、気が引けるんですが、

直感というのは「もう一人のあなた」が教えてくれるサインです。

 

 

本気で取り組んでるからこそ、

直感だって研ぎ澄まされてます。

なので、直感に従ってもいいと思うんです。

 

 

しかし、人間は弱い生き物です。

不安や先行きの見通せないときに、

自分自身の判断を「直感」という合理的ではない理屈で

決定することほど恐ろしいものはありませんよね。

 

 

少なくとも、ボクはそうでした。

 

 

なので、客観的に自分を見つめ直すために、

ボクが実際にやって効果のあった3つの方法を紹介します。

 

 

 

 

 

整理整頓というより断捨離!

 

積み上げられた本

客観的に自分を見つめるとき、

いらないものは、徹底的に捨ててしまいましょう

 

断捨離とは

 

断捨離(だんしゃり)とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え。

断、捨、離のそれぞれの意味は以下。

断=入ってくる不要なモノを断つ
捨=家にずっとある不要なモノを捨てる
離=モノへの執着から離れる

従来の「もったいない」「まだ使える」というモノを軸とした考え方ではなく、「このモノは私に相応しいか」と問いかけてみる——つまり、主役はモノではなく「自分」。「モノと自分との関係性」を軸に取捨選択していく技術のこと。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2133077715910584401

 

 

余計なもので部屋が溢れてるときって、

本来やるべきことに気持ちを集中できません。

 

 

捨てるときのポイントは人それぞれかもしれませんが、

ボクは、3ヶ月間目を通したことがない

ノウハウ系のマニュアルなんかも全部捨ててしまいます。

 

本も同様です。そして、マンガも。

 

脳みそというメモリーとハードディスクに

空白状態をできるだけ確保しないと、

新しいことなんてインストールできません。

 

それに、脳みその中がパンパンに溢れていると、

判断が鈍るからです。

 

ビニール袋と段ボール箱に片っ端から突っ込んで捨てる

そうすれば、思いっきりクリアな思考が保てます。

 

ノイズになるようなものは、極力減らしておきましょう。

 

 

 

日報をつける

 

日記じゃありません。日報です。

昼間の仕事でも、業務日報とかつけますよね。

 

事細かに、その日やったことを、

いつはじめて(そしてどれくらいの時間をかけたか)

何を(具体的に)やったのか、

毎日日報をつけるんです。

 

 

日報を毎日記録していくのは、

あなたの行動の癖を知るためです。

 

 

 

ボクが、意味もなくひたすらサイトを量産しててもダメだって気づいたのは

この日報のおかげです。

 

思いついたキーワードでドメインをとり、

4ページくらいページを突っ込んだら

またドメインをとって、別のキーワードでサイトを作成する。

 

 

今となっては恥ずかしい話ですが

稼ぐためにはサイトの量産こそ必要だという呪縛に囚われていました。

 

 

「思いついたキーワードは、

他の人よりも早くサイトを作ればいい」

そうすれば、検索上位にサイトをもっていける

なんて甘い考えだったのかもしれません。

 

 

競合を調べることなくサイト量産したところで、

中途ハンパなサイトが量産されるだけです。

俗にいうゴミサイトってやつですね。

 

 

しかも、例のごとくネット上のカレンダーとかにつけるのではなく、

きちんと紙媒体に日報を書き込むことです。

 

予定表ではなく、日報です。

 

今日頑張りました、なんてことをいくら書いたって意味がありません。

あなたのガンバリを視覚的に振り返るためにおすすめの方法です。

 

 

 

鏡を机においておく!

机の上の鏡

これ、超強力です(写真は、ボクの仕事机と鏡)。

なんで、こんな強力なことを誰も伝えないのか不思議です。

 

 

そもそも、机に鏡を置いておくと、

バツグンの集中力も発揮できます。

 

このことに気づいたのは、あるホテルに泊まったときでした。

箱根の芦ノ湖にあるこちらのホテル(レイクビューアネックス)。

 

レイクビューアネックス

 

客室の机に、大きな鏡が立てかけてありました。

 

で、この大きな鏡の前で、自分のサイトの振り返りや、

アフィリエイトノウハウでやってきたこと、

これからの目標とかブレインダンプしてました。

なんでか知らないんですがめっちゃはかどりました。

 

机に設置する鏡はできるだけ大きいほうがいいと思いますよ!

 

 

今すぐできること

 

もしも、あなたが客観的にこれまでの歩みを見つめ直したい

そう思うなら、紹介した中のどれかをやってみてください。

 

・部屋のものを断捨離する

・日誌をつける

・鏡を机におく

 

鏡を机の上におく!ってのは、特におすすめです。

客観視できるだけじゃなくて、集中力も上がります!