いや、それキーワード詐欺でしょ

サイトが育ち始めると、

検索エンジンからのアクセスがちょこちょこ増えてきます。

 

 

そうなってくると、

共起語とかキーワードとかスニペットとかSEOでも考えようかな・・

なんて甘い誘惑が出てくるんですが。。。

 

 

そういうことをこのサイトで考えるのは、もっと先にします。

ボクの場合、SEOとか考えるとメンドクサイからです。

 

 

 

アフィリエイトで迷走し始める理由の1つは、

検索エンジンからのアクセスを集めることに

意識を傾けすぎだからです。

 

 

キーワード出現率はいくつにしよう、とか

キーワード調査をしましょうねー^^、とか

スニペット文は、どんな内容なのか要約を考えて、とか。

 

 

●●ってキーワードで検索されてるからといって

●●というキーワードで、知りもしない内容で記事作ってみたり。

 

 

ASPさんに、「●●ってキーワードで作るといいですよ」

と言われてサイトを作るも、その後が続かないという。。。

 

 

 

 

宿泊プランにビュッフェがあるホテル

 

ビュッフェ

女性には、ビュッフェって人気ですよね。

 

 

 

で、あなたがホテルの経営者だとしましょう。

 

今はビュッフェが人気があるから、

当ホテルでも、朝食にビュッフェを導入しよう!!

と考えたとします。

 

 

この発想自体は間違っていないですよね。

 

だって、人気のあるもの、売れてるものを取り扱うって

商売の大原則ですから。

 

 

 

しかし、アフィリエイターが勘違いしやすいのはここから!!!

 

 

 

「宿泊プランに人気の高いビュッフェを入れたぞ!」

 

 

で、いざお客さんが来ても、

カレーしか出さない・・・・とか。

 

 

選択肢、一択????

カレーライス

 

みんなビュッフェって言葉が好きだから

ビュッフェって言葉を使えばいいんだ!

 

 

けど、いろいろと提供メニューを増やすと

経費もかかるし、面倒だから、ビーフカレーのみでいいでしょ。

 

 

当然、クレームになりますよね。

 

 

ビュッフェプランがあるから

このホテルに泊まるようにしたのに、

全然、ビュッフェじゃないじゃん!!!

 

 

 

 

これ、多くのアフィリエイターさんがやらかすと思うんです。

 

 

 

昔の友人と思い出話をしようと思ったらマルチの勧誘だった

 

マルチ商法の勧誘

 

20代の頃、友人から「ひさしぶりー、会おうよ!」
と電話がかかってきて、会いにいったら
マルチの勧誘でした。

 
アフィリだったらKW詐欺ですよね(笑)

 

 

「○○との思い出話」「○○ 今」ってKWで会いにいくのに。

 

 

ボクは、その友人との思い出話とか、
今どうよ?ってことについて聞きたかったのに。

 

 

ひたすら「権利収入ってすごいんだよ!」

 

「すごい人いるから会わない?」

 

 

 

えーーーーー・・・・それ今はどうでもよくない?

 

 

 

「お金とか欲しくないの?」

 

欲しいけど、別にマルチの話を聞きに来たわけじゃないしなぁ。

 

 
こういうのもターゲットの求めているものと

提供するものがズレている典型的なパターンです。

 

 

 

マルチ商法の勧誘であれ、

アフィリエイトであれ、

稼げない人は、このズレが発生しているはずです。

 

 

 

で、検索上位にさえ入れば、

バンバン報酬達成できる!!

としか考えてない場合、更に致命的なことをやらかします

 

 

 

 

いやいや、属性が一致してなくても、

誘導文さえうまければ、引き込むことができるでしょ!!!

 

 

 

 

どうぞ、そう思ってる人は、

一生勘違いしていてください。

 

 

そんな、魔法の話術なんてないんです。

 

 

 

訪問者の検索キーワードと記事の内容は一致してるか

 

検索エンジンからのアクセスを考えるとき、

記事の内容が一致しているのか、ってものすごく重要です。

 

 

朝食はビュッフェです!と宿泊プランに書くなら、

 

 

・カレー1択!!

・ビュッフェだけど、面倒だから中華だけでいいっしょ

 

・ビュッフェって書いたけど、やっぱりコース料理のほうがいいよね

・ビュッフェって書いてあったのに、
カップラーメンにお湯入れただけで出されたとか(おいいいいい!

 

 

どれも、アウトです。

 

お客さん目線で考えればわかりますよね。

 

 

超豪華ビュッフェ登場!!!

って煽っておいたのに、

提供してる内容がそこまで豪華じゃない。

 

 

どれも、キーワード詐欺の典型的な例です。

 

 

 

今すぐできること

 

キーワード詐欺とかやらかしてないですか?

 

過去に投稿した記事のタイトルと

その内容が一致しているか確認してみてください。