あなたのサイトに来るのは、クローラーじゃなくて人間なんだよ

これね、直接会って伝えなきゃ

本当にわからない人いますよね。

 

 

「サイトに記事を投稿するのはSEO評価を上げるため」

 

 

 

そうと「しか」考えてない人は要注意です。

 

 

そんなサイト見たところで面白みがないんです。

 

個人でアフィリエイトに取り組むなら、

きちんと人間味を出しましょうよ。

 

 

 

それって面白いの?

 

アフィエイターってのは、

どうして黒子であることに徹するのか、

未だに納得のいく答えが見つかっていません。

 

 

「アフィリエイターはブロガーと違って、

前に出るものではない」

過去に、どこかでそう教わったことがあります。

 

 

何も知らなかったボクは、そのことを鵜呑みにしました。

 

 

 

だからなのかわかりませんが、

アフィリエイターの作るサイトって

人間味を感じさせないサイトがたくさんありますよね。

 

 

しかしですね・・・

そんなスタイルでサイトやブログを作っていても

まったく面白くないんですよ・・・。

 

 

これって、アフィリエイトが続かない

大きな原因なんじゃないかなぁと思ってるわけです。

 

 

ボクは、自分よりも遙かに若いメンターさんに

「え?!そんなんで面白いんですか?」

って言われてようやく気づきました。

 

 

アフィリエイトに面白さなんて必要ないでしょ、

そうやってマシンのように作業することだけに

囚われていたのかもしれません。

 

 

アフィリエイトはビジネスなんだから、

面白さとかどうでもいい、

そうやって言い聞かせてました。

 

 

 

テキストという「あいうえお」の羅列で

意味の通じる文章を構成すれば、

それが、サイトであり、記事なんだと思ってました。

 

 

グーグルという検索エンジンを

相手にするためのコンテンツをいかに作っていくのか、

そのことばかり考えていました。

 

 

 

モノの見方が変われば世界が変わる

 

そんなボクが変わったのは、

SNSで集客するってことを学んだからです。

 

【※限定無料公開】SEOに頼らずKW選定とか難しいことなしに、合法的にアクセスを集める方法

「モノの見方が変われば、世界が変わる」

 

 

この言葉どおり、

今まで疑問だった自分の取組み姿勢が大きく変わった瞬間でした。

 

 

 

あなたのサイトに訪れるのは

ロボットじゃなくて一人の人間です。

 

 

もちろん、クローラーというサイトを巡回するロボットも

あなたのサイトに訪れます。

 

 

「クローラー」というのは、サイトを巡回しあなたのサイトを記録し、

検索エンジンにインデックスする役割を持つロボットのことです。

 

 

しかし、検索順位という基準だけに

意識が支配されていませんか?

 

 

検索順位って、現実世界のビジネスに置き換えると、

立地条件の良さに該当します。

 

 

人通りの多い一等地に出店したから

もうビジネスは成功!!!!

 

 

 

 

そうやって考えてしまう浅はかな経営者が

どれほどいるかわかりませんが

実際にあなたのサイトに掲載する商品を購入するのは

ロボットではなく、人間です。

 

 

 

人間臭さをどうやって出すのか

 

文章を話し言葉に変えればいいとか

小手先のテクニックよりも、大切なことがあります。

 

 

「なんのために、その記事を書くのか?」

 

これが大事です。

 

 

伝えたいことがあるから記事を書くんですよね?

誰かに読んで欲しい内容だから記事を書くんですよね?

誰かの悩みを解決したいから記事を書くんですよね?

 

 

※もちろん、完全に検索エンジンを意識した記事を

たまに投稿するのもありです。

 

 

記事を書く目的は何かと聞かれて、

「検索エンジン対策です」と

頭の中でコダマしているようでは、重症なんです。

 

 

 

今すぐできること

 

アフィリエイターであっても

人間味を出すべきです。

 

 

失敗談だって、購入者するかどうか迷ってる人には、

ものすごく優良な判断基準になるんですから。

 

そのためには、記事を書く目的