記事を読んだだけで悩みが解決されたら困るんですけど!

「アフィリエイターは

訪問者の悩みを解決することだ」

 

 

「記事の内容は訪問者目線で考えよう!」

 

 

耳が痛くなるほど聞かされていますよね。

 

 

では、なぜこれを実行できないのかお伝えします。

 

 

これって、あなたのメンタル面というよりも

別のところに問題があります。

 

 

せっかくアフィリリンクを掲載したのに、

記事を読んだだけで、悩みを解決されたら

商品を買ってくれないじゃないか!!!

 

 

今回は、潜在意識に

そんな思考が染みついている人に向けて書きます。

 

※ちなみにこのサイトのペルソナは過去のボクです・・・。

 

 

 

悩みを解決できても次の悩みが出てくるという真実

 

 

誰にでもわかりやすく説明するために、

勉強を例にとりましょう。

 

 

小学生から中学生のときは

「勉強する習慣が身につかない」

「勉強する気が起きない」

 

 

小さいときの勉強の悩みとして一番大きいのは

この習慣づけができないことですよね。

 

 

 

なので、強制的に勉強する環境を作るために

塾や公文に通った経験があるはずです。

 

 

 

そして、高校生になれば、

苦手科目というのがはっきりわかってくるようになります。

 

 

なので、苦手科目を克服するか

もしくは、得意科目をもっと伸ばすのか

 

 

悩みは次の段階に移行します。

 

 

もっと細かく見ていきましょう。

 

1.英語の点数を伸ばすためには何から手をつければいいのか?
→語彙力を増やすのが英語の学力を上げる王道ですよね。

 

 

2.じゃ、英単語を覚えるためにはどうすればいいのか?

→単語を覚える工夫や、ひたすら書いて覚えたり試行錯誤したはずです。

 

 

3.基本的な英単語は覚えたけど、志望校の問題が解けるが不安

→過去問を実際に解いたりして、パターンに触れてきたはずです。

 

 

4.第一志望の学校のみを受けるよりも保険として選ぶ併願校はどうしようか?

→進路指導の先生に聞いたり、

校風などを知って併願校を選択してきたはずです。

 

 

5.直前の模試の結果が悪かった・・・どうしよう?

→先輩たちのアドバイスを聞いたり、今までやってきたことを復習したはずです。

 

 

6.志望校に受かった!でも、4月からの勉強についていけるかな・・・・

→事前に予習したり、既に入学している先輩たちにアドバイスを求めるはずです。

 

 

ここで挙げた6個の悩みは、

どれも、勉強に関する悩みです。

 

 

 

という感じで、悩みというのは解決できたとしても

次の悩みが出てくるわけです。

 

 

 

悩みの段階で差し出すものは違ってくる

 

 

で、アフィリエイター駆け出しだったボクは

ちっともこのことをわかっていませんでした。

 

 

で、何をしたのか・・・・?

 

 

 

 

 

学力を上げるならこれがおすすめです!!!!

→東大輩出No1東●ゼミナール夏季集中講座(アフィリリンク)

 

※あくまでも例です。

 

 

これがどれだけ無茶苦茶なことをしているか

実例を出して説明すればわかりますよね。

 

 

英語の学力を上げたい

って人だって、いろんな悩みがあるわけです。

 

 

偏差値40くらいの人が偏差値60を目指すのか・・・

偏差値60くらいの人が偏差値70を目指すのか・・・

 

 

そもそも、あなたのサイトに訪れた人が

東大を目指しているかどうかもわからないわけです。

 

 

 

先ほどの1の「英語の点数を伸ばすにはどうしたらいいの?」という悩みに対して

英語の点数を伸ばしたいなら、語彙力をつけないとダメだよ。

理由は・・・・

だから、毎日単語を覚えることが大切なんです。

1日10単語を覚えれば、1年で3650単語を覚えられますよね。
3650単語も知っていれば、高校英語で覚えるべき単語はすべてクリアできてしまいます。

 

ボクはこれを使って単語を覚えました→ターゲット単語帳

 

 

なんて感じになっていきますよね。

 

 

実際にはもっと盛って、文章量を増やしたり興味付をするでしょうが。

 

 

 

先ほどの2の「英単語を覚えるためにはどうすればいいか」という悩みなら

 

無理やりアフィリリンクを挿入すれば、

「習慣が人を変える!!人生に革命を起こす奇跡の習慣術!」

なんて本を紹介するのかもしれませんが、

無理やり感が強すぎます。

 

普通に時短する方法だったり、

語呂合わせで覚えてみよう!って感じで提案するはずです。

 

 

でも、それでもどうしようもないって人がいるなら、

英単語を覚えるための音声教材とかを紹介してもいいかもしれません。

 

 

というわけで、

相手の悩みに応じて差し出す内容(アドバイス)を

本当は変えるはずです。

 

 

 

しかし、アフィリエイトの本質がわかってないときは

更に悪い方向に暴走します。

 

 

 

「クリックすらしてくれないんだけど!」

 

→アンカーテキストが悪いから、

 「知らないと損する例の勉強法」に変更しよう!

 

 

「クリックはしてもらったけど成果につながらない!」

 

→コピーライティングやセールスを学んで

 感情爆破させるような文章を書こう!!

 

 

 

 

もうやめて!

引用:遊戯王ヂュエルモンスターズより

 

 

 

 

 

今日のまとめ

 

アフィリエイターは

訪問者の悩みを解決するためにサイトを作ります。

 

 

一つの悩みを解決できても、悩みは増え続けます。

 

そして、悩みに応じて提案する内容(アドバイスや案件)

は変わってきます。