カテゴリー:アフィリエイトの本質の記事一覧

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

カテゴリー:アフィリエイトの本質

アフィリエイトの本質について紹介しています。ここに掲載している内容は、一度アフィリエイトについて学んだことがあれば、どれも納得できる内容になっています。体系的に情報を整理するときに参考にしてください。

PUSH型とPULL型アフィリで必要なものはまったく違う

PUSH型とPULL型アフィリで必要なものはまったく違う

ブログなどによる情報発信の場合、
PUSH型アフィリです。

 

別名狩猟型です。

 

要は自分から情報提供をするため、
どっちかっていうと
共感を得るための文章の作りとかが大事になります。

 

 

いかにファンを作っていくか
これこそがPUSH型のアフィリ(というかビジネス全般基本はこっちです)。

 

 

それに比べて、
今ボクがやってるような(このWPは全然PULL型じゃないですが)

サイトアフィリは、PULL型です。

 

 

PULL型のアフィリでは
自分から情報を発信することなく、
検索者に対して必要な情報をまとめ、
それを整理するイメージに近いです。

 

で、こっちに必要なのはファンづくりではなく、
上位にサイトを持っていくこと。

 

 

 

PULL型アフィリは、
イメージでいれば農耕型です。

 

 

よく、ネットで稼ぐには文章力が必要だよ!
という人がいってるのは、
大体においてPUSH型の情報発信をやってる人に必要なのです。

 

 

もちろん、サイトアフィリでも文章力は必要になる場面もありますが、
そんな大した文章力なんて必要ありません。

ボクが月10万を初めて突破したときは、
80字くらいの3行の文章でした。

 

3行くらいの文章なんて誰でもかけますよ。

 

 

それよりもサイトを
上位にあげることのほうが大切。

 

 

PUSH型とPULL型ビジネスの違い

 

で、こんがらがりやすいと思うので、
ちょっといろいろな情報を整理してみました。

 

ここが理解できると
自分にとってどんなスキルが必要なのか、
デメリットを補完するためになにが必要になるのか、
はっきりしてくると思います。

 

 

PUSH型
ブログアフィリなど
PULL型
サイトアフィリなど
文章力 あったほうがいい そこまで必要ない
ペルソナ 絶対やる 商標サイトは特にいらない

悩み系ならやる

SEOの依存度 SEOに依存しない 必須
やらなきゃ稼げない
コンテンツを使いまわせるか 簡単に可能 パクリサイトだと思われる
畑違いのものを量産できるか ほぼ不可能
なのでJV
楽勝
イメージ 狩猟 農耕
リスク 狩り終わったとき グーグルにかき消される
案件終了
外注化 分身を作るのは難
稼ぐまでの道のり やろうと思えば
短期間でもいける
2か月じゃ無理
爆発力 瞬間風速は高い 高い風速を継続させる

 

 

ひとつずつ見ていきましょう

 

文章力

 

アフィリエイトで文章力が大事、
とかセールスライティングは必須っていうのは、
PUSH型のブログアフィリやメルマガです。

 

プロダクトローンチとかもこれにあたりますね。

 

 

 

読者に共感を与える文章を書き、
信頼感を構築し、

 

「この人の言うことなら信じられる!」
「この人はわたしの神様!」といった状態に持って行って、
商材を売り(紹介し)ます。

 

 

なので、そういった意味では、
誰に対してどんなことを言うのか、
文章力が大切になります。

 

不安をつついたり
当然のようにやるんです。

 

 

こちらのPUSH型のアフィリは、
爆破力はありますよね。

 

 

情報商材でいうと
アンリミテッドアフィリエイトNEOなんてのは、
まさにこのPUSH型マーケティングに近いノウハウです。

 

これね↓↓

 

 

稼ぐアフィリエイターはマジシャンだった!

 

これに対して、サイトアフィリの場合、
文章力よりも大事なのは、まとめる力です。

はっきり言って、
自分で押す必要はありません。

 

アイドルオタを見ればわかりますよね、

 

 

ももクロってアイドルに人気があるのであって、

そのファンがそのアイドルを推したから売れているのではなく、

ただ単純にももクロがすごいだけです。

 

 

別にももクロ押しの文章をいくら書こうが、

ももクロ推しのヲタダンスをいくらやろうが、

それは自己満足なんです。

 

 

ももクロってどんなアイドルなの?
って検索してくる人に対して、
ももクロがデビューしてくる前はこうでね・・・
こんな苦労があって・・・
こんなことまでやったんだよ・・・!
すごいよね!→アフィリリンク。

 

っていうのがサイトアフィリエイターの仕事です。

これくらいだったら誰でもかける文章ですよね(笑)

 

 

ペルソナなどのターゲット設定

 

PUSH型のアフィリエイトを展開する場合、ペルソナ設定は必須です。

 

ってかこれやらないとお話になりませんよね。

誰もあなたの言ってることなんて興味ないんです。

 

文章を書く上で、3つのNOT(読まない、信じない、行動しない)ってのがあるくらい、あなたの文章は読んでもらえません。

 

なので、「これは俺のことだ!」「この人私と同じ悩みを持ってた!」と思ってもらえるようなペルソナを作ります。ここらへんの話は、このブログでも過去にさんざん話してきてるので、そちらを読んでください。アンリミにはわかりやすく書いてあります。

 

バズらせたりするのも、まずこのペルソナありきです。

 

 

 

これに対して、サイトアフィリってのは、どこのターゲットを狙うかにもよりますが、「今すぐ客」に絞り込めば、ペルソナは必要ありません。そんなことしなくても、もっといえば、文章がなくても売れますよね。

 

そのうち客とか、まだまだ客に対しては、ペルソナをたてますが。今すぐ〇〇がほしいの!と思ってるような人に対して、(もっと言えば、ピーーーーーでサイトを作る場合は)ペルソナを立てる必要もないということです。

 

 

SEOの依存度

 

PUSH型のアフィリエイトは、自分から仕掛けるためのフィールドさえあれば問題ありません。なので、SEOよりコメント回りとか、ブログ村などのブログランキングの攻略がメインです。要は、ほかの人と交流してなんぼってことです。

 

さらにいってしまえば、SEOなんて知らなくてもなんとかなります。

SEOに対する依存度は、きわめて低いのはPUSH型のいいところです。なので、サイトが飛ぶとか関係ないわけです、そもそも。

 

 

これに対して、PULL型アフィリは、「先回りして罠を張り巡らす」ことこそ醍醐味です。

検索してくる人に対して、その検索の答えをサイトの中で用意し、アフィリリンクを踏んでもらいます。

なので、サイトアフィリでは、SEOは必須です。

 

 

先日、ボクの知り合いに「有馬記念」の検索ボリューム数を見せましたが、1位と2位で検索から訪れる人の数は4倍違うんです。

 

仮に有馬記念で2位にいるサイトが30万稼げるとしたら、1位にいるだけでその4倍の120万を稼ぐことができるということです。

 

だから、みんな順位にこだわるんですよ。
その結果とばされようが、2位で30万を4か月もらうよりも、1位で4か月いたほうが、実入りが全く違いますよね。これがわかると、SEOに依存する気持ちもなんとなくつかめてくると思います。

 

なので、ボクは先日、ブラックかホワイトかは関係ない、という話をしました。

 

SEOはブラックかホワイトか

 

コンテンツを使いまわせるかどうか

 

これ、ものすごく面白いのですが、PUSH型で展開する以上、コンテンツのコピーは全く問題ありません。

ボクだってメルマガを発行してますが、たまにブログを同じ内容をそのままメルマガに流してます。

 

それに、PUSH型である程度コンテンツ量がそろってきたら誰もやるのが、過去記事の使いまわしです(やべ・・・言っちゃっていいのかな)。

 

当たり前ですよね。

そもそも、もったいぶっていおうが、どんなノウハウだって、1か月も話していればネタは尽きます。

3か月も語らないといけないようなボリュームのある超大作なんて、まずありえません(笑)。

 

なので、毎回ノウハウを考えたり、
ネタを考えるのはめんどくさいんで、
過去の記事を削除して、そのまま再投稿します。

 

 

こうすることで、コンテンツの使いまわしは簡単にできます。

 

さらにSEOを気にしなければ、
被リンクがついていようが関係ないわけです。

 

 

まじめな人はコツコツ書いてるでしょうが、ネタ探しとかも大変なわけです。

なので、バレない程度に過去記事を再投稿するんです。

 

 

上手な人は、ちゃんと近況報告みたいな感じにして、
新機関と人間性をアピールします。

 

 

また、PUSH型のビジネスの場合、
チャンネル数は多ければ多いほどいいのです。

 

 

ボクのこのサイトも、
Twitter、Facebook、TumblerといったSNSに同時投稿されます。

 

 

Youtubeで同じ内容を流してもいいんですが、
Youtubeはメルマガ読者さんだけでいいかなーと、
思ったのでやってません。

 

 

なので、コンテンツをいろいろなチャンネルで使いまわします。

 

 

PUSH型が狩猟型とボクが言う理由もまさに、
コミュニティに進出して
そこでお客さんを見つけるのが
見込み客集めの肝だからです(否定とかではなく)。

 

テレビ局が正月に
事前に撮りためた放送を流すのと似ています。

 

 

これに対して、っサイトアフィリでコンテンツをつかいまわすのは致命的です。

はい、あなたがシラをきっても御天道さまのグーグルは全部把握しているんです。

 

他人様のコンテンツの丸パクリなんて絶対NGです(ボクのブログでコピペ中心とか言ってるので、かなりアレですが、キャッチコピーみたいなもんですw)。

それに自分のコンテンツを使いまわしても、グーグルからすれば劣化コピーくらいにしか思われません。

 

SEO重視のサイトアフィリは、きわめてコンテンツの使いまわしの難易度があがるのです。

 

 

畑違いのものを量産できるか

 

PUSH型のアフィリでは既存コンテンツの使いまわしができます。

なので、既存コンテンツを大量生成するのは得意なんです。

 

しかし、全く別物を作り上げるとなるとハードルがめちゃくちゃ上がります。

情報商材を出している人をみてみればわかりますよね。

 

ある1つのジャンルについての商材を出して、それ以外の全然違うジャンルについてもどんどん商材を商品開発していくのは難しいのです。

 

これ、PUSH型アフィリをやってる人が、畑違いのジャンルを攻めるときに絶対といっていいほどぶつかるところです(というかボクもぶつかりました笑)。

 

 

&nb長くなってしまったので、今日はこの辺で!

記事を読んだだけで悩みが解決されたら困るんですけど!

記事を読んだだけで悩みが解決されたら困るんですけど!

「アフィリエイターは

訪問者の悩みを解決することだ」

 

 

「記事の内容は訪問者目線で考えよう!」

 

 

耳が痛くなるほど聞かされていますよね。

 

 

では、なぜこれを実行できないのかお伝えします。

 

 

これって、あなたのメンタル面というよりも

別のところに問題があります。

 

 

せっかくアフィリリンクを掲載したのに、

記事を読んだだけで、悩みを解決されたら

商品を買ってくれないじゃないか!!!

 

 

今回は、潜在意識に

そんな思考が染みついている人に向けて書きます。

 

※ちなみにこのサイトのペルソナは過去のボクです・・・。

 

 

 

悩みを解決できても次の悩みが出てくるという真実

 

 

誰にでもわかりやすく説明するために、

勉強を例にとりましょう。

 

 

小学生から中学生のときは

「勉強する習慣が身につかない」

「勉強する気が起きない」

 

 

小さいときの勉強の悩みとして一番大きいのは

この習慣づけができないことですよね。

 

 

 

なので、強制的に勉強する環境を作るために

塾や公文に通った経験があるはずです。

 

 

 

そして、高校生になれば、

苦手科目というのがはっきりわかってくるようになります。

 

 

なので、苦手科目を克服するか

もしくは、得意科目をもっと伸ばすのか

 

 

悩みは次の段階に移行します。

 

 

もっと細かく見ていきましょう。

 

1.英語の点数を伸ばすためには何から手をつければいいのか?
→語彙力を増やすのが英語の学力を上げる王道ですよね。

 

 

2.じゃ、英単語を覚えるためにはどうすればいいのか?

→単語を覚える工夫や、ひたすら書いて覚えたり試行錯誤したはずです。

 

 

3.基本的な英単語は覚えたけど、志望校の問題が解けるが不安

→過去問を実際に解いたりして、パターンに触れてきたはずです。

 

 

4.第一志望の学校のみを受けるよりも保険として選ぶ併願校はどうしようか?

→進路指導の先生に聞いたり、

校風などを知って併願校を選択してきたはずです。

 

 

5.直前の模試の結果が悪かった・・・どうしよう?

→先輩たちのアドバイスを聞いたり、今までやってきたことを復習したはずです。

 

 

6.志望校に受かった!でも、4月からの勉強についていけるかな・・・・

→事前に予習したり、既に入学している先輩たちにアドバイスを求めるはずです。

 

 

ここで挙げた6個の悩みは、

どれも、勉強に関する悩みです。

 

 

 

という感じで、悩みというのは解決できたとしても

次の悩みが出てくるわけです。

 

 

 

悩みの段階で差し出すものは違ってくる

 

 

で、アフィリエイター駆け出しだったボクは

ちっともこのことをわかっていませんでした。

 

 

で、何をしたのか・・・・?

 

 

 

 

 

学力を上げるならこれがおすすめです!!!!

→東大輩出No1東●ゼミナール夏季集中講座(アフィリリンク)

 

※あくまでも例です。

 

 

これがどれだけ無茶苦茶なことをしているか

実例を出して説明すればわかりますよね。

 

 

英語の学力を上げたい

って人だって、いろんな悩みがあるわけです。

 

 

偏差値40くらいの人が偏差値60を目指すのか・・・

偏差値60くらいの人が偏差値70を目指すのか・・・

 

 

そもそも、あなたのサイトに訪れた人が

東大を目指しているかどうかもわからないわけです。

 

 

 

先ほどの1の「英語の点数を伸ばすにはどうしたらいいの?」という悩みに対して

英語の点数を伸ばしたいなら、語彙力をつけないとダメだよ。

理由は・・・・

だから、毎日単語を覚えることが大切なんです。

1日10単語を覚えれば、1年で3650単語を覚えられますよね。
3650単語も知っていれば、高校英語で覚えるべき単語はすべてクリアできてしまいます。

 

ボクはこれを使って単語を覚えました→ターゲット単語帳

 

 

なんて感じになっていきますよね。

 

 

実際にはもっと盛って、文章量を増やしたり興味付をするでしょうが。

 

 

 

先ほどの2の「英単語を覚えるためにはどうすればいいか」という悩みなら

 

無理やりアフィリリンクを挿入すれば、

「習慣が人を変える!!人生に革命を起こす奇跡の習慣術!」

なんて本を紹介するのかもしれませんが、

無理やり感が強すぎます。

 

普通に時短する方法だったり、

語呂合わせで覚えてみよう!って感じで提案するはずです。

 

 

でも、それでもどうしようもないって人がいるなら、

英単語を覚えるための音声教材とかを紹介してもいいかもしれません。

 

 

というわけで、

相手の悩みに応じて差し出す内容(アドバイス)を

本当は変えるはずです。

 

 

 

しかし、アフィリエイトの本質がわかってないときは

更に悪い方向に暴走します。

 

 

 

「クリックすらしてくれないんだけど!」

 

→アンカーテキストが悪いから、

 「知らないと損する例の勉強法」に変更しよう!

 

 

「クリックはしてもらったけど成果につながらない!」

 

→コピーライティングやセールスを学んで

 感情爆破させるような文章を書こう!!

 

 

 

 

もうやめて!

引用:遊戯王ヂュエルモンスターズより

 

 

 

 

 

今日のまとめ

 

アフィリエイターは

訪問者の悩みを解決するためにサイトを作ります。

 

 

一つの悩みを解決できても、悩みは増え続けます。

 

そして、悩みに応じて提案する内容(アドバイスや案件)

は変わってきます。

 

あなたのサイトに来るのは、クローラーじゃなくて人間なんだよ

あなたのサイトに来るのは、クローラーじゃなくて人間なんだよ

これね、直接会って伝えなきゃ

本当にわからない人いますよね。

 

 

「サイトに記事を投稿するのはSEO評価を上げるため」

 

 

 

そうと「しか」考えてない人は要注意です。

 

 

そんなサイト見たところで面白みがないんです。

 

個人でアフィリエイトに取り組むなら、

きちんと人間味を出しましょうよ。

 

 

 

それって面白いの?

 

アフィエイターってのは、

どうして黒子であることに徹するのか、

未だに納得のいく答えが見つかっていません。

 

 

「アフィリエイターはブロガーと違って、

前に出るものではない」

過去に、どこかでそう教わったことがあります。

 

 

何も知らなかったボクは、そのことを鵜呑みにしました。

 

 

 

だからなのかわかりませんが、

アフィリエイターの作るサイトって

人間味を感じさせないサイトがたくさんありますよね。

 

 

しかしですね・・・

そんなスタイルでサイトやブログを作っていても

まったく面白くないんですよ・・・。

 

 

これって、アフィリエイトが続かない

大きな原因なんじゃないかなぁと思ってるわけです。

 

 

ボクは、自分よりも遙かに若いメンターさんに

「え?!そんなんで面白いんですか?」

って言われてようやく気づきました。

 

 

アフィリエイトに面白さなんて必要ないでしょ、

そうやってマシンのように作業することだけに

囚われていたのかもしれません。

 

 

アフィリエイトはビジネスなんだから、

面白さとかどうでもいい、

そうやって言い聞かせてました。

 

 

 

テキストという「あいうえお」の羅列で

意味の通じる文章を構成すれば、

それが、サイトであり、記事なんだと思ってました。

 

 

グーグルという検索エンジンを

相手にするためのコンテンツをいかに作っていくのか、

そのことばかり考えていました。

 

 

 

モノの見方が変われば世界が変わる

 

そんなボクが変わったのは、

SNSで集客するってことを学んだからです。

 

【※限定無料公開】SEOに頼らずKW選定とか難しいことなしに、合法的にアクセスを集める方法

「モノの見方が変われば、世界が変わる」

 

 

この言葉どおり、

今まで疑問だった自分の取組み姿勢が大きく変わった瞬間でした。

 

 

 

あなたのサイトに訪れるのは

ロボットじゃなくて一人の人間です。

 

 

もちろん、クローラーというサイトを巡回するロボットも

あなたのサイトに訪れます。

 

 

「クローラー」というのは、サイトを巡回しあなたのサイトを記録し、

検索エンジンにインデックスする役割を持つロボットのことです。

 

 

しかし、検索順位という基準だけに

意識が支配されていませんか?

 

 

検索順位って、現実世界のビジネスに置き換えると、

立地条件の良さに該当します。

 

 

人通りの多い一等地に出店したから

もうビジネスは成功!!!!

 

 

 

 

そうやって考えてしまう浅はかな経営者が

どれほどいるかわかりませんが

実際にあなたのサイトに掲載する商品を購入するのは

ロボットではなく、人間です。

 

 

 

人間臭さをどうやって出すのか

 

文章を話し言葉に変えればいいとか

小手先のテクニックよりも、大切なことがあります。

 

 

「なんのために、その記事を書くのか?」

 

これが大事です。

 

 

伝えたいことがあるから記事を書くんですよね?

誰かに読んで欲しい内容だから記事を書くんですよね?

誰かの悩みを解決したいから記事を書くんですよね?

 

 

※もちろん、完全に検索エンジンを意識した記事を

たまに投稿するのもありです。

 

 

記事を書く目的は何かと聞かれて、

「検索エンジン対策です」と

頭の中でコダマしているようでは、重症なんです。

 

 

 

今すぐできること

 

アフィリエイターであっても

人間味を出すべきです。

 

 

失敗談だって、購入者するかどうか迷ってる人には、

ものすごく優良な判断基準になるんですから。

 

そのためには、記事を書く目的

 

 

 

 

どうして、あの人は少ないアクセスでも報酬をあげられるのか

どうして、あの人は少ないアクセスでも報酬をあげられるのか

アフィリエイト塾で

ボクがもっとも謎だったのがこれです。

 

 

アフィリエイトの場合、

ある一定数のアクセスがあれば、

報酬をあげることができますよね。

 

 

それは、次の公式があるからです。

 

ページビュー数 × クリック率 × 報酬単価 = 稼いだ額

 

 

この公式自体は大切なんですが、

ボクは、この公式に囚われすぎていました。

 

 

・とりあえずアクセス集めればなんとかなるだろう!

・アクセス集めるゲームブログから、個別案件のリンクはっておけばOK!

 

 

車買取りサイトとか、

格安SIM(ヤフーモバイル、UQ mobileとか)

動画案件(U-NEXT、Huluとか~

宅配クリーニング(リナビスとか)

 

こんな感じで、作ったランキングページに向けて、

爆発的にアクセスを集めたサイトからリンクを貼ってました。

 

 

これはこれで間違って居ないんですが、

 

 

『私はもっと少ないアクセスでも報酬上げてますよ~』

 

 

この一言が、ボクにとって長年の疑問だったんです。

 

 

で、これを解決するのが、

『クリックに誘導するための誘導文の上手さなのかな・・・』

なんてことまで考えていました。

 

 

 

 

しかし、答えは別のところにありました。

 

 

 

アフィリエイトの胆が、点ではなく線だということ

 

人間の目で見えるもの

 

それは、氷山の一角です。

 

氷山の一角

 

氷山の海面上に現れている部分は、全体のごく一部分にすぎません

 

 

 

『少ないアクセスでも報酬を上げることができる』

 

それは、誘導文の上手さもあるでしょうが、

それよりも重要なのは、あなたのサイトにアクセスしてくる人たちの質です。

 

 

 

アクセスの質が高ければアクセス数が少なくても問題ない

 

もっと簡単に説明しましょう。

わかりやすくするために、サッカーのゴール数を例にします。

 

 

手っ取り早くゴールの決定率を上げるには、

どうすればいいでしょうか?

 

 

サッカーのゴール数をもっとも稼ぐためには、

成功率の高いシュート場面にどれだけ絡めるかです。

 

 

 

最も成功率の高いペナルティゴール

 

サッカーにおいて、

ペナルティキックの成功率は、Jリーグで約77%ほど。

 

2006年のドイツワールドカップでは、190回のPKが与えられ、

そのうち、154回得点されています(成功率81%)。

 

 

ペナルティキックの場合、

まずディフェンダーがいません。

 

キッカーは、ゴールキーパーとの1対1でゴールを狙うことができます。

 

 

ゲーム内で、ゴールする確率がきわめて高いのがペナルティキックです。

 

 

印象に残るけど成功率の低いフリーキック

 

コレに比べて、フリーキックの成功率を見てみましょう。

 

 

ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドは、

2013ー2014シーズンにおいて、28本の直接ゴールを狙って

実際に決まったゴール数は、3ゴール。

 

確率にすると、10.7%です。

 

 

フリーキックの場合は、ペナルティキックよりも

ゴールまでの距離が長くなります。

さらに、直接ゴールを狙われることを防ぐために、『壁』もいますよね。

 

 

 

通常のゴール確率

 

シュートした本数のうちゴールできた本数の確率を、

決定率と呼びますが、有名なメッシでさえも、決定率は20%ほどです。

 

リーガ誇る3人 データで比較

 

 

つまり、サッカーでゴール確率をよくするためには、

ひたすらペナルティキックを担当すればいいんです

 

 

ペナルティキックは、

・ゴールまでの距離が近いこと

・ゴールを阻むのはキーパーしかいないこと

 

 

以上2つの点からもっとも効率よくゴールを決めることが出来ます。

 

 

 

少ないアクセスでも報酬を上げるために

 

では、アフィリエイトに話題を戻します。

 

 

サッカーでは、

・ゴールまでの距離が近い

・ゴールまで邪魔が少ない

 

 

これをアフィリエイトに置き換えると、

・購入までの距離が短い

・購入に至るまでの邪魔が少ない

 

といったことに置き換えることができます。

 

 

少ないアクセスでも、報酬をたたき出すことができるのは、

購買意欲の高い訪問者を、サイトに呼び込んでいるからです。

 

 

 

魔法のような文章力があるからというよりも、

むしろ、アクセスの質が高い訪問者を集めることができる

というだけなんです。

 

 

 

サッカーでいえば、

ペナルティキッカー担当になればいいというだけです。

 

 

このアクセスの質を、日本のマーケッターの草分け的な存在である

神田昌典さんの言葉を借りれば、『今すぐ客』と置き換えることができます。

 

 

 

 

もちろん、質の高いアクセスが集まるキーワードは

激戦区です(商標の複合キーワードとか)。

 

 

アフィリエイト塾では、『点ではなく線で考えろ』

とさんざん教わってきましたが、

記事単体とか、サイト単体で考えても、答えはそこにないってことです。

(ってか・・・このことに自分で気づくのは不可能だと思う・・・)

 

 

 

どうやってアクセスの質を調べるのか

 

一つの指標になるのが、

アフィリエイト広告を貼ってるページ毎のPV数(ページ閲覧数)と

クリックされた回数を確率で算出することです。

 

 

クリック回数 ÷ PV数

 

この数式が、アクセスの質を調べるために有効になります。

 

 

 

 

今すぐできること

 

少ないアクセスでも報酬をあげるためには、

『アクセスの質に注目する』必要があります。

 

 

サイトの訪問者の『アクセスの質』を見るのであれば、

アフィリエイトリンクを貼っているページ毎のPV数(ページを閲覧された回数)と

クリックされた回数の確率を調べてみてください!

 

 

質の濃いアクセスを集める方法を知れば、

あなたの報酬、そしてアフィリエイトスキルは間違いなく飛躍的にアップします。