カテゴリー:文章スキルを上げるの記事一覧

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

カテゴリー:文章スキルを上げる

アフィリエイターにとっての文章スキルについて紹介しています。一口に文章といっても、洋服と同じようにTPOがあります。

記事を読んだだけで悩みが解決されたら困るんですけど!

記事を読んだだけで悩みが解決されたら困るんですけど!

「アフィリエイターは

訪問者の悩みを解決することだ」

 

 

「記事の内容は訪問者目線で考えよう!」

 

 

耳が痛くなるほど聞かされていますよね。

 

 

では、なぜこれを実行できないのかお伝えします。

 

 

これって、あなたのメンタル面というよりも

別のところに問題があります。

 

 

せっかくアフィリリンクを掲載したのに、

記事を読んだだけで、悩みを解決されたら

商品を買ってくれないじゃないか!!!

 

 

今回は、潜在意識に

そんな思考が染みついている人に向けて書きます。

 

※ちなみにこのサイトのペルソナは過去のボクです・・・。

 

 

 

悩みを解決できても次の悩みが出てくるという真実

 

 

誰にでもわかりやすく説明するために、

勉強を例にとりましょう。

 

 

小学生から中学生のときは

「勉強する習慣が身につかない」

「勉強する気が起きない」

 

 

小さいときの勉強の悩みとして一番大きいのは

この習慣づけができないことですよね。

 

 

 

なので、強制的に勉強する環境を作るために

塾や公文に通った経験があるはずです。

 

 

 

そして、高校生になれば、

苦手科目というのがはっきりわかってくるようになります。

 

 

なので、苦手科目を克服するか

もしくは、得意科目をもっと伸ばすのか

 

 

悩みは次の段階に移行します。

 

 

もっと細かく見ていきましょう。

 

1.英語の点数を伸ばすためには何から手をつければいいのか?
→語彙力を増やすのが英語の学力を上げる王道ですよね。

 

 

2.じゃ、英単語を覚えるためにはどうすればいいのか?

→単語を覚える工夫や、ひたすら書いて覚えたり試行錯誤したはずです。

 

 

3.基本的な英単語は覚えたけど、志望校の問題が解けるが不安

→過去問を実際に解いたりして、パターンに触れてきたはずです。

 

 

4.第一志望の学校のみを受けるよりも保険として選ぶ併願校はどうしようか?

→進路指導の先生に聞いたり、

校風などを知って併願校を選択してきたはずです。

 

 

5.直前の模試の結果が悪かった・・・どうしよう?

→先輩たちのアドバイスを聞いたり、今までやってきたことを復習したはずです。

 

 

6.志望校に受かった!でも、4月からの勉強についていけるかな・・・・

→事前に予習したり、既に入学している先輩たちにアドバイスを求めるはずです。

 

 

ここで挙げた6個の悩みは、

どれも、勉強に関する悩みです。

 

 

 

という感じで、悩みというのは解決できたとしても

次の悩みが出てくるわけです。

 

 

 

悩みの段階で差し出すものは違ってくる

 

 

で、アフィリエイター駆け出しだったボクは

ちっともこのことをわかっていませんでした。

 

 

で、何をしたのか・・・・?

 

 

 

 

 

学力を上げるならこれがおすすめです!!!!

→東大輩出No1東●ゼミナール夏季集中講座(アフィリリンク)

 

※あくまでも例です。

 

 

これがどれだけ無茶苦茶なことをしているか

実例を出して説明すればわかりますよね。

 

 

英語の学力を上げたい

って人だって、いろんな悩みがあるわけです。

 

 

偏差値40くらいの人が偏差値60を目指すのか・・・

偏差値60くらいの人が偏差値70を目指すのか・・・

 

 

そもそも、あなたのサイトに訪れた人が

東大を目指しているかどうかもわからないわけです。

 

 

 

先ほどの1の「英語の点数を伸ばすにはどうしたらいいの?」という悩みに対して

英語の点数を伸ばしたいなら、語彙力をつけないとダメだよ。

理由は・・・・

だから、毎日単語を覚えることが大切なんです。

1日10単語を覚えれば、1年で3650単語を覚えられますよね。
3650単語も知っていれば、高校英語で覚えるべき単語はすべてクリアできてしまいます。

 

ボクはこれを使って単語を覚えました→ターゲット単語帳

 

 

なんて感じになっていきますよね。

 

 

実際にはもっと盛って、文章量を増やしたり興味付をするでしょうが。

 

 

 

先ほどの2の「英単語を覚えるためにはどうすればいいか」という悩みなら

 

無理やりアフィリリンクを挿入すれば、

「習慣が人を変える!!人生に革命を起こす奇跡の習慣術!」

なんて本を紹介するのかもしれませんが、

無理やり感が強すぎます。

 

普通に時短する方法だったり、

語呂合わせで覚えてみよう!って感じで提案するはずです。

 

 

でも、それでもどうしようもないって人がいるなら、

英単語を覚えるための音声教材とかを紹介してもいいかもしれません。

 

 

というわけで、

相手の悩みに応じて差し出す内容(アドバイス)を

本当は変えるはずです。

 

 

 

しかし、アフィリエイトの本質がわかってないときは

更に悪い方向に暴走します。

 

 

 

「クリックすらしてくれないんだけど!」

 

→アンカーテキストが悪いから、

 「知らないと損する例の勉強法」に変更しよう!

 

 

「クリックはしてもらったけど成果につながらない!」

 

→コピーライティングやセールスを学んで

 感情爆破させるような文章を書こう!!

 

 

 

 

もうやめて!

引用:遊戯王ヂュエルモンスターズより

 

 

 

 

 

今日のまとめ

 

アフィリエイターは

訪問者の悩みを解決するためにサイトを作ります。

 

 

一つの悩みを解決できても、悩みは増え続けます。

 

そして、悩みに応じて提案する内容(アドバイスや案件)

は変わってきます。

 

相手を透視して文章を書く方法?!

相手を透視して文章を書く方法?!

よく、ネット上の文章の書き方で

「読み手を想像して記事を書きましょう」

ってサイトを見かけますよね。

 

 

読み手を想像して文章を書けるってのは、

独りよがりにならない記事を書くために重要なことです。

 

 

アフィリエイト塾に入って1年間、

このことが理解出来なかったんですよね・・・。

 

 

 

だって、会ったことも話したこともない人なのに

読み手のことを想像できるはずがありません。

 

 

 

 

イタコさん?

それとも、アフィリエイターってのはエスパーなんだろうか

見たこともない人を透視するかのようにイメージできるのか

って、本気でわからないことだらけでしたよ・・・。

 

 

 

しかも!手紙じゃないんだから、

ネット上の記事を見る人って、1人じゃないはずです。

 

 

さらに、ネット上の記事は、

検索してアクセスする人もいれば、

ブログランキングからアクセスしてくる人も居ますよね。

 

 

もしかしたら、単なる暇つぶしで

たまたまあなたのサイトに訪れた人も居るかもしれません。

 

 

もちろん、サイトを見るタイミングも、

投稿した後すぐなのか、

サイトの他の記事をみてからなのか

忘れた1年後なのか、

 

まったく違うわけです。

 

 

「複数の読み手のことを想像しながら、1つの記事を仕上げる」

こんな超人技みたいなことを可能にするのが

アフィリエイターなのか・・・と本気で思ってました。

 

 

で、疑問になるとムシャクシャしてくるんで、

サイトをアホみたいに作れば「なにかがわかるはず」と思ってました。

※結局、アホみたいにサイトを作るだけじゃ稼げないってことはわかりました。

 

 

 

読み手とはあなたが作ったサイトのペルソナ

 

「読み手を想像して記事を書きましょう」

 

アフィリエイトやライティングのノウハウって、

はしょって伝わると、とんでもないことになります。

 

 

ここでセットになるのも、ターゲッティング。

もっといえば、ペルソナ設定です。

 

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

 

普段からこちらのブログをよんでいただいている方は、

もうそろそろお気づきでしょう。

 

 

そう、ライティングスキルと言われる類いのものは、

まず、ペルソナ設定ありき、だと言うことです。

 

 

 

そして、そのペルソナ設定さえできてしまえば、

あなたの書く文章は、必然的に共感を得やすくなるんです。

 

そして、ペルソナさんに向けて書くんですから、

当然のことながら、読み手のことを意識した文章が書けるんです。

 

 

 

そして、そこから派生するライティング系のスキル、

通称コピーライティングと呼ばれるスキルにつながっていきます。

 

 

・購買意欲をかき立てる文章の作り方

・相手の興味を引きつけるための記事の作り方

 

 

コピーライティングや

心理的トリガーがどうとか、

いくら学んでも、ピンとこないのは、

ペルソナ設定という大前提を教わってないからです。

 

 

逆に、ペルソナ設定という超大前提を知って作られたサイトは

知らずに作ったサイトと比べて一線を画します。

 

 

抜きんでます。

 

 

 

それくらい大事なことですが、

ほとんどのアフィリエイターはこのことを教わってません。

ってか、教わりません・・・・。

 

もしくは、「ターゲッティング大事だよー(小声)」

の一言で終わってしまうわけです。

 

 

 

今すぐできること

 

ペルソナ(ターゲット)設定があってこそ!

と、ノートに書いておいてくださいね。

 

 

寝る時にペルソナペルソナペルソナ

と羊を数えるくらいに復唱してもらってもいいです。

 

 

それくらい、今のアフィリエイトには大事なことなんです。

ブログの文章をランクアップさせる秘訣

ブログの文章をランクアップさせる秘訣

「これはやっちゃダメなの」

と子供に注意すると、必ず子供は「どうして?」と疑問に思います。

 

 

 

「こうしないとダメなの」

と言われると、大人だって「どうして?」と思うはずです。

 

 

 

そう

 

 

「なんでそうしちゃいけないのか」

わからないから理由を教えてほしいのです。

 

 

あなただって、子供のころに、

「もっと勉強しなさい!」と親に言われた経験がありましたよね。

 

 

で、猛烈に勉強しましたか?

 

親に隠れてゲームして遊んでいたはずです。

勉強したフリをしていたはずです。

 

 

 

 

ブログの文章をランクアップさせるのは理由づけ

 

ブログの文章も一緒です。

 

最初にきちんと理由を書いておくのです。

 

 

 

 

 

あなたが競馬の勝ち方について書いているなら、

どうしてその文章を読まないといけないのか

そのことについて、最初に書いておくんです。

 

 

 

サイト訪問者に共感してもらう文章が大切だよ

と伝えるなら、その理由を書いておかないといけません。

 

 

 

ダイエットしなきゃダメでしょ

というなら、その理由を書いておけば、

訪問者はあなたのブログを夢中になって読みます。

 

 

 

これは、仕事のプレゼンでも言えることです。

なんであなたの発表を聞かなくてはいけないのか

まず、理由を伝えます。

 

そうすることで、会議に参加した人は一気にあなたの話に耳を傾けます。

 

 

部下に仕事を教える時も同じです。

「なぜ、それが大事なのか」をつたえずに、

「いいか、ココが大事なんだよ、わかった?」

と指導したって、相手は上の空ですよね?

 

 

 

SNSで集客するときに、

自らすすんで与えることが大切です!

とボクが伝えた記事にも、理由がありました。

 

 

 

最初に理由をもってくることで、

あなたの伝えようとする内容が気になります。

 

 

この酵素ドリンクがおすすめなの!

と紹介するときも理由を最初に。

 

 

あなたのおすすめランキングを紹介するときも理由を。

 

 

理由を説明された相手は、

あなたの伝えることに興味をもつんです。

 

 

福沢諭吉の学問のすすめも理由づけ

 

「学問のすすめ」を記した慶應義塾大学初代塾長の福沢諭吉もこの方法を使っています。

 

福沢諭吉

wikipediaより引用

 

原文のままだとわかりづらいので、口語訳を引用します。

 

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉があります。
これがもしそのとおりなら、人はこの世に生まれた瞬間からずっと、あらゆる人が同じ地位に立ち、貴賤上下の差別もなく、生まれた時から持っている精神と肉体を存分に使ってあらゆる物資を利用し、衣食住を整え、それぞれ自由自在に、それでいてお互いの邪魔をせず、みんな豊かで気楽に生きていけることでしょう。

ところが今、この世の中を見回してみると全然そうでもなくて、どうも賢い人と愚かな人がいるようです。貧乏人もいれば金持ちもいる。立派な人も卑しい人もいて、その有り様は雲と泥くらいの違いといっていいくらい。これってどうしてだと思います?
ことの次第は明解です。
『実語教』(註/平安末期から明治初期にかけて普及した、庶民のための教訓を中心とした初等教科書)という本に、「人は学ばなければ知恵がない。知恵がない人は愚かだ」と書いてあります。つまり、賢い人と愚かな人の違いというのは、「学んだ人」と「学ばない人」だという単純な話なんですね。

http://weemo.jp/s/3856a82eより引用

 

 

「学問は大事だ」という主張に対して、

勉強しないと、貧乏な人、卑しい人になるからだ、

と理由づけをしているのがわかるはずです。

 

 

理由を最初にもってくることで、

あなたのサイトを訪問した人は、

あなたの主張に対して、

初めて「読もう」と思うんです(無意識に)。

 

 

 

 

 

今すぐできること

 

ブログを書くとき、理由を最初に入れてみてください。

 

そうすることで、「おっ?!」と思わせることができます。

 

 

グッと引き込むための文章術として、ぜひ活用してみてください!

 

 

アフィリエイトだけでなく、

スピーチや、プレゼン、教育など、いろんなことに応用できますから。

 

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

アフィリエイトを学んでいると、

「共感を与える文章が大切です」と言われるはずです。

 

アフィリエイト塾に入ってない人でも、

一度は聞いたことがあるでしょう。

 

 

 

 

共感を与える文章を書く理由は、

「あなたのサイトの文章を読んでもらう」ためです。

 

悲しいことに、サイト訪問者は、

あなたのサイトの文章内容を

「見てる」だけで、「読んでいません」。

 

あなたは、昨日見たサイトの内容を覚えていますか?

覚えていたとしたら、それは

あなたの記憶にぐっさり刺さるような内容です。

(つまりあなたが必要としている、もしくは必要だと感じた)

 

 

 

あなたのサイトに訪問した人が

内容をよく読んでいないのは

別にあなたが悪いわけでもなく、仕方のないことです。

 

 

だから、読まない壁を突破するために、

共感してもらうことが必要になるわけです。

 

 

共感してもらうことで、

サイト訪問者は『自分のことだ!』と思ってくれるのです。

 

共感してもらうことで、

サイト訪問者は『自分のために書かれたサイトだ!』と思ってくれるのです。

 

 

 

では、いったいどうやって共感してもらうのか

 

共感してもらえるライティングノウハウ。

それ自体、そこまで難しいものではありません

 

こういうことを、もったいぶって話したり、

さも、難しいことをやってるかのように誘導しようとするから

混乱してしまうんですよね。

 

 

また、ボクの入っているアフィリエイト塾では、

共感してもらえる文章の書き方なんて教えてくれません。

なので、「共感してくれる文章の書き方ってなに?」

という疑問をもったままの状態が延々と続いていました。

 

 

疑問を持ち出すと、

「自分のやってることが、本当に正しいんだろうか」

と悩みますよね。

 

 

で、あれこれノウハウを試す結果になります。

※自己投資だと思って割り切ってる人にはいいですが、

欲しい情報にたどりつけなかった場合、イライラが募るだけです。

 

 

 

読者に共感してもらうために『ペルソナ』を設定する

 

ペルソナ

画像は、アトラスの大人気ゲームですが、ここで言うペルソナはちょっと違います。

 

 

「ペルソナ」とは

 

Microsoftのユーザー・リサーチ・マネージャーだったジョン・S.プルーイットによる『ペルソナ戦略――マーケティング、製品開発、デザインを顧客志向にする』が刊行されたのをきっかけに注目されたマーケティング手法です。

氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量的なデータだけではなく、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動などの定性的データを含めて、あたかも実在するかのような人物像を設定するが、更にイメージを明確にするために顔写真などが用いられる場合もある。

2割の典型的なユーザー像を浮き彫りにすることで、8割のニーズをカバーするという、「パレートの法則(80:20の法則)」を利用し、個人の詳細なニーズと掴むことを目指す手法とも言えます。

 

 

 

つまり、共感してもらうためには、

ライティングノウハウが重要なのではなく、

ターゲット設定がまず大切になるということです。

 

 

ターゲット設定ができていないのに、

ライティングスキルだけを学んでも、効果は半減します。

コピーライティング系のノウハウも同様です。

 

 

『共感してもらうことが大切だよ!』

と言ってる時の共感というのは、

このペルソナマーケティングとセットと思って間違いありません。

 

 

どちらか片方だけ知っていても、あまり意味がありません。

ペルソナというターゲット設定と、

共感する文章の書き方は、セットになって効果を発揮します

 

 

そして、しっかり理解してしまえば、

いろいろと応用していくことができるはずです。

 

 

もっとわかりやすくするために、
ボクのこのサイトのペルソナ設定を伝えておきましょう。

 

 

・会社から独立するためにアフィリエイトを始め、

・アフィリエイト塾にも入ったけど(商材をいろいろ買ったけど)

・ひたすらサイトを作るだけで、稼げる気がしない

・アフィリエイト塾で言われてることが理解できない

・そもそもSEOなんてよくわからない

・キーワード選定ってめんどくさそう

・今38歳の男性

・稼ぐためのライティングスキルってどんなの?

・アフィリエイトってひたすらサイトを作るだけの苦行なんじゃないの?

・アラフォーだと、SNSを使ってみたいけどいまいちよくわからない

・SNSでバズらせてみたい

・月の報酬が10万を超えたけど、それ以上稼げる気がしない

・忙しくて、サイトの量産なんて無理!

・昼間の仕事が忙しすぎてストレスが貯まる

・アフィリエイト塾に入ってるけど、目隠しして猛ダッシュしているとしか思えない

・アフィリエイトノウハウを上げたい!

・独身

・アフィリエイト塾でマインドセットは叩き込まれた

・でも、次にどうすればいいのか『具体的に』教えてほしい

・理屈っぽい
・身長178センチ
・サテライトサイトの更新のために毎日くだらないことを書くのは嫌だ
・月収7ケタ稼いでるアフィリエイターの話が理解できない
・質問しても、納得のいく答えが返ってこない

 

 

 

ざっとこんなところです。

他にもありますが、ペルソナにしているのはボク自身の過去です。

ペルソナ設定をつたえるのは、恥ずかしいのでこの辺でご勘弁を!

 

 

 

 

少しは、あなたに当てはまることがあったでしょうか。

当てはまる人には、このサイトは響くはずです。

 

 

当時、ペルソナ戦略と共感させる文章の書き方を知ったボクは、

2つの疑問が出てきました。

 

 

 

絞り込みすぎていいの?だって、それ以外の人には響かないでしょ?

 

日産の新型スカイラインのターゲット設定について知れば、

ペルソナ戦略はアフィリエイトだけの特殊な手法ではないことがわかるはずです。

大企業だって使っている手法ですから。

 

 

2014年2月に発売された日産自動車の主力乗用車「スカイライン」。

このスカイラインの月間販売目標は、200台でした。

 

しかし、この日産のスカイラインのターゲット層をめぐって、

ネット上で話題になりました。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw895058

 

 

というのも、日産の新型スカイラインが想定していたターゲットは、

 

「年齢でいうと40代前半の男性。共働きの奥さんがいて、娘が1人。外資系企業で管理職をしており、非常にタフな環境の第一戦(線)で活躍している人。都心のタワーマンションに住んでいる」

 

 

なんとも、セレブリティなペルソナターゲットです。

『非常にタフな環境の第一線で活躍』って曖昧な気もしますが(笑)

 

 

これは、日産自動車の日本商品企画部の女性担当者が

産経新聞の質問に対してこたえたスカイラインのターゲット層です。

 

 

 

日産がターゲットとして絞り込んだ人は、実際には600人程度とされていました。

なのに、月間の販売目標が200台ですよ?

 

仮に、実在している人がすべてスカイラインを購入したとしても

3カ月たったら売れないと思いますよね。

 

 

 

しかし、発売した2月から4月までの3か月間で、5,000台を超える数を受注しています。

想定しているターゲット層が、実際には600人くらいしかいないのに。

 

 

 

 

ターゲットを絞り込んだら検索して訪れる人自体が減るんじゃ?

 

あなたが『SEO的な手法』しか教わっていないと、

どうしても、検索ボリュームを意識するはずです。

 

 

 

そもそも、そんな絞り込んだ検索キーワードなんて通用するのか?と。

 

 

ただ、こうした絞り込まれたキーワードで上位表示させるのが、

ペラサイト(KW選定された1ページだけのサイトを大量生産する)で稼ぐ手法です。

 

 

ペラサイトは、

検索ボリュームが少ない(もしくはライバルが少ない)

キーワードを見つけてサイトを大量に作ります。

 

 

『KW選定 難しい アフィリエイト』という単語で検索する人が

どれくらいいるのかわかりませんが、

僕のサイトだってグーグルの1ページ目にいます。

 

あまり検索順位を意識したサイトではないので、

気にしていませんでした。

 

 

 

さらに、検索ボリュームなんてすっ飛ばして、

集客するための方法もあるわけです。

 

SEOに頼らずKW選定とか難しいことなしに、合法的にアクセスを集める方法

 

 

 

今日のまとめ

 

あなたが共感する文章を書くためには、

ターゲット設定(もっと言えば、ペルソナ設定)がまず必要だとお伝えしました。

 

ペルソナ設定は、パレートの法則(80:20の法則)にのっとって

もっとも刺さるターゲットを絞り込んだ戦略です。

 

 

 

共感してもらう文章の書き方を学びたい!って人は、

まずは、あなたのサイトのペルソナを書き出してみるといいですよ。

 

 

『こんなに絞り込んでいいの?』と不安になるくらい

がっつり絞り込んじゃいましょう!