長嶋茂雄の教えるアフィリエイト塾

野球界のスパースター「長嶋茂雄」。

 

 
そんな長嶋茂雄が
アフィリエイト塾を作ったらどうなるのか?
※もちろん、たとえですよ。

 
年齢がボクより少し上の人なら、憧れの選手です。
「記憶に残る選手」としても有名ですよね。

 

 

天覧試合のときのホームランとか。
39才になったボクでも、知識として知っています。

 
名プレイヤーなんですが、監督としては迷監督とも・・・。

 

「デキル人は教え方が下手くそ」

という典型例みたいな感じになってます。

 

 

 

長嶋茂雄の迷語録をみていくと

 

うーん、この試合は、一点でも多く取った方が勝ちでしょう。

 

 

そりゃそうですよ・・・・。当たり前。

 

長嶋茂雄のアフィリエイト塾では、

「一個でも多くサイトを作った人が稼げるでしょう」

なんてアドバイスを真顔でされるかもしれません。

 

 

 

来た球を打て!

 

 

このアドバイスで掛布選手は、
スランプ脱出したそうな・・・。
上級者同士通じるものがあったのかもしれませんが、
相談しても、「思いついた記事で書け!」って言われそうです。

 

 

 

長嶋「もしもし掛布君、ちょっとバットを振ってみなさい」
掛布「は、はぁ…」
長嶋「どうだい?どんな音がしてる?」
掛布「え?いや、ブンと…」
長嶋「ブンじゃまだダメだな。ブァ~ンじゃないと」
掛布「ブーンですか…」
長嶋「いやブァ~ン」
掛布「バーン」
長嶋「ブァ~ン」
掛布「ブァ~ン」
長嶋「おっ!いいぞ。さぁもう一度言ってごらん」
掛布「ブァ~ン」
長嶋「よし、これでもう大丈夫だ。それじゃあまた。」

野球センスは高いんでしょうが、伝えたいことがわからない(笑)

 

 

文章の書き方って、

「ドッバババババババ!って書いて、ギューーーーン!って直すんだよ」

なんて光景が目に見えてきます。

 

 

「球がこうスッと来るだろ」
「そこをグゥーッと構えて腰をガッとする」
「あとはバァッといってガーンと打つんだ」

少年野球教室での指導だそうです。
全然わからんだろ(笑)
とまあ、いろいろと語録を挙げてみましたが
これで、伸びる人は、もともと素質のある選手。
高校野球でこんな監督いたら、
そりゃ勝てないですよ・・・。
アフィリエイトだって、同じですよ・
すっごい憧れていたのに、
長嶋茂雄のアフィリエイト塾。
「おかげさまで稼げるようになりました!」
って言いたいのに。

 

 

なかなか稼げないのは、
あなたがノーセンスなだけでしょうか?
その人についていくんだ!
と決めたからこそ、なんとしてでも塾で成果を出したい。
感覚でモノを伝えてくる人に対して、
あなたに必要なのは理屈も教わる、ことだと思います。