カテゴリー:Q&Aの記事一覧

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

カテゴリー:Q&A

良いコンテンツ? コンテンツマーケティングってなに?

良いコンテンツ? コンテンツマーケティングってなに?

アフィリエイトをやってると

「良いコンテンツを作りましょうね!テヘ」

って言われますよね(しかも、突き放され気味に)。

 

 

ボクも、アフィリエイト塾で何度も言われました。

ASPさんのセミナーとかに参加しても、耳にするようになりました。

SEOのセミナーとかでも頻繁に言われていますよね。

 

 

 

で、いつものとおり、「良いコンテンツ」ってなによ?

と疑問に思ってしまうわけです。

マジで、こういうことちゃんと教えてほしい・・・

 

 

「良いコンテンツ」

それ自体は、そのコンテンツを見る人や、作る人の立場、価値観によって異なります。

なので、すべての人にとって良いコンテンツというのはありえないのです。

 

 

 

そもそも、「コンテンツ」という単語をぐぐったところで、

納得のいくようなまともな回答ってありません。

 

 

コンテンツとは、「中身」のこと。

デジタル‐、映像‐、商業‐、素人‐、などといった複合語がある。
いわゆる「メディア」の中身の、文字列・音・動画などのことで、
それらの内容である著作物を指すことも多い。
英語では普通はcontentと単数形で書く。本項目の英語版もContentである。
英語でcontentsとして複数形で書くと、普通は「目次」の意味になる。
この場合は、Table of contents(内容の表)の略である。

引用元:wikipedia

 

 

良いコンテンツを作っていくとSEO上有利になる

 

こういう言葉を聞くほど、

突き放されただけのボクのようなアフィリエイターには

もう疑問で頭がいっぱいになってしまうわけです。

 

 

では、どうして「良いコンテンツ」という言葉が注目されつつあるのか

その背景について説明します。

 

 

良いコンテンツは、

SEO上有利なんていうのは、後付です。

 

 

そもそも、「訪問者のためになるコンテンツを作りましょう」

という言葉を頻繁に聞くようになったのは、

コンテンツ・マーケティングというマーケティング手法が台頭してきているからです。

 

 

 

コンテンツ・マーケティングとは

 

コンテンツマーケティングという手法は、2012年頃から

欧米で流行り出した手法です。

 

2014年頃から日本でも

コンテンツマーケティングが注目され始めました。

 

 

コンテンツマーケティングを簡単に説明すると、

見込み客にとって有益となるコンテンツ(情報でもいいです)を提供し、

見込み客を育て、購買してもらい、ファンになってもらうというもの。

 

 

購買意欲の高い「今すぐ客」をターゲットにするのではなく、

ニーズを感じてないお客さんをターゲットにするのが

コンテンツマーケティングの手法です。

 

 

 

アフィリエイター目線で見るコンテンツマーケティング

 

アフィリエイトでは、「購買意欲の高い今すぐ客」を狙うのが

少ないアクセスでも報酬を得る方法だということを、

こちらの記事で紹介しました。

 

どうして、あの人は少ないアクセスでも報酬をあげられるのか

で、購買意欲の高いアクセスを集めるために、

アフィリエイターは、「商標」の複合キーワードで

検索順位上位を狙って、シコシコ記事を突っ込んでいきます。

 

ときには、サテライトサイトからのアンカーテキストを添えて♪

(なんか洒落たカフェのメニューみたいになってきた!)

 

 

広告費にお金を使える人は、

PPC広告をうって、購買意欲の高いキーワードに広告を出します。

 

すると、どうなるか・・・。

 

 

購買意欲の高いキーワードは、

PPC広告をうつための費用がどんどん急騰していくわけです。

 

 

おかげで、割に合わなくなってくるというわけです。

 

 

広告費をつっこんで、購買意欲の高いキーワードで

広告を出しても、クリック単価が跳ね上がってしまい

報酬が発生してもうまみがなくなってきた!

 

 

競争の激化によって、次の一手として取り入れられつつあるのが、

コンテンツマーケティングなんです。

 

 

なので、ニーズの高い「今すぐ客」ではなく、

潜在的にニーズのある人を対象にして、

有益なコンテンツ(記事じゃなくて動画や音声やメルマガでも可能!)を

提供することで、顧客との信頼関係を構築していきます。

 

 

そして、自分の紹介するアフィリエイト案件を購入してもらうんです。

 

 

 

以上がアフィリエイター目線で語った

コンテンツマーケティング台頭の背景です。

 

 

「良いコンテンツを提供しましょうね」とアフィリエイターが言うのは

コンテンツマーケティングを実践しようね、と言ってるようなものです。

 

中には周りの人が言ってるから、

意味も分からずに言ってるだけの人もいますが。

 

 

つまり、あなたの書く一つ一つの記事が、

訪問者との信頼関係を築き上げ、

「よし!この人の言うことなら信頼できそう」だ

と思ってもらうために記事を書くんです。

 

 

ボクは、コンテンツマーケティングを知って感動しました。

 

・アフィリエイトは苦行でしかない

・サテライトサイトの量産・更新もう嫌!

・KW選定とかめんどくさくて時間ない!

・狙ったキーワードで検索上位に上げないと儲からん!

・そもそも、くだらない記事の量産とか人間のやることじゃない!

 

と思っていたところから、一気に道が開けてきたので。

 

 

 

そう・・・アフィリエイトの本質である

お客さんのためにおもてなしをするんだよ、

そのための具体的な手法があるんだとわかったからです。

 

 

※以前は、自動で1万ページとか吐き出してました・・・

※無料ブログの自動作成ツールとか使って1日10ブログとか作ってました・・・

※ひたすらごり押しのおすすめ記事を書いてました・・・

※自動で文章吐き出すツールとか使って無料ブログを散らかしてました・・・

 

 

 

コンテンツマーケティングの概念がアフィリエイターに浸透していけば、

アフィリエイターってゴミサイトばかり作ってんじゃねえよ!

って思われることも少なくなると思うんです・・・。

 

 

 

 

あなたの書く1つ1つの記事が、

お客さんのためになる記事であればあるほど、

お客さんとの信頼関係を構築する機会が増えるんです。

 

 

馬鹿みたいに強引に「おすすめです!!」なんて推すのは、

ネットワークビジネスの勧誘と同じで迷惑なだけなのです。

 

 

 

マスメディア目線で見るコンテンツマーケティング

 

アフィリエイター目線だけでなく、

昨今のマスメディア事情からも、

コンテンツマーケティング台頭の背景を説明しましょう。

 

 

マスメディアを使った広告って、

沢山の人に到達させることができますが、

購買に直結しない、と言われていますよね。

 

 

テレビのCMなんてそもそも見ないし、

Youtubeの広告なんてウザイだけ!と思ってる人も多いはずです。

 

 

マスメディアを使って広告を配信することは、

たくさんの人に伝えるには便利ですが、

購買行動に結びつくまでに時間がかかりすぎるわけです。

 

 

そして、マスメディアによる広告は、

インターネット上の広告と比べて、費用対効果が悪すぎます。

 

 

こうしたマスメディアのデメリットを克服するために、

コンテンツマーケティングという手法が、日本でも導入されつつあります。

 

 

オウンドメディアという言葉を最近よく聞きますよね。

あれもコンテンツマーケティングですよ。

 

 

 

今日のまとめ

 

良いコンテンツというのは、

コンテンツマーケティングと結びつけると理解しやすい

 

全ての人にとって

良いコンテンツというのはありえな

 

 

 

 

では、次回はもう少し突っ込んで

コンテンツマーケティングについて説明していきますね!

 

 

バズられた後にセカンドインパクトが起きる理由

  • 投稿
  • Q&A
バズられた後にセカンドインパクトが起きる理由

FacebookやTwitter経由で記事がバズられると、

その翌日くらいからGoogleからのアクセスが急増します。

 

セカンドインパクト

 

この経験って、これで二度目です。

 

そもそも、1回目のバズは、

サイトを作って2週間しかたっていません。

 

 

検索エンジンから流入があったといっても、

検索エンジンにキーワードを入れて検索してきた

とは思えませんよね。

 

 

そして、ツイッターからのアクセスが急増した2回目。

バズらレた記事がこちら。

 

あたたかいミカンが教えてくれたコト

この日(3月14日)は、ツイッター経由のアクセスが普段の3倍くらいに増えました。

 

 

 

記事タイトルは、『あたかかいミカンが教えてくれたコト』。

こんな記事タイトルをつけておいてアレですが、

このキーワードで、検索してくる人がいるわけがありません。

 

 

Jetpackのサイト統計情報を見ても、

Search Engine Termは、1件しかありません。

 

 

ということは、検索エンジンからの流入が増えたのは、

キーワードで検索されたわけではない、ということです。

 

 

 

では、グーグルからのアクセスが増える理由はなんでしょうか?

 

 

 

 

セカンドインパクトはどこから起きるのか

 

ボクの性分なのか、

気になったことは解決しなくては気が済まないんです。

 

 

 

『バズられた後にグーグルからのアクセスが増える』

 

 

これでは、長すぎて覚えづらいです。

それに、いちいち入力するのも面倒です。

 

 

というわけで、

この現象をセカンドインパクトと名付けることにしました!

 

 

 

 

 

なぜかこの音楽が思い浮かんだので、Youtubeから転載しておきます。

 

 

それでは、リファラーをたどってみましょう。

検索エンジン経由でアクセスがありましたが、

流入元のアドレスは次のとおりです。

 

 

google.com
google.co.jp

com.google.android.googlequicksearchbox/https/www.google.com

 

 

リファラースパムかなと思ったのですが、

リファラースパムではないようです。

 

 

しかし、それぞれの流入元を調べたところで・・・・

 

google.comやgoogle.co.jpは、グーグル検索のトップページというだけです。

 

それらしき、流入先がこれではまったくわかりません。

 

 

で、こちらのアドレスは、

スマホからのアクセスだとはっきりわかります。

com.google.android.googlequicksearchbox/https/www.google.com

 

 

まだまだ、推測に過ぎないのですが、

スマホが影響しているのかな・・・

ということが考えられます。

 

 

証言1 闇夜に生きるKさん

 

私も何度かその経験があります。
不可解な事にGoogleからだけでyahooからはこないんですよね。

それとGoogle search consoleのカウントもないので、
キーワード検索ではないと思います。

Googleのどこかのページにリンクが貼られていた可能性があると思います!

 

 

寄せられた意見を掲載します。

こちらの方も言うように、キーワード検索て可能性はほとんど考えなくてよさそうです。

 

ということは、Googleのページのどこかに、

リンクが貼られていたという可能性が相当高いんです。

 

でもいったい・・・・ドコに?!

 

 

 

現時点では、ここまでしかわかっていません。

 

 

なぜ、セカンドインパクト(バズられた後にグーグルからのアクセスが増える)

が起きるのか、どこからアクセスが集まるのか、

わかり次第、公開したいと思います!

 

 

情報ご提供のために、記事の拡散お願いします!

 

共起語とサジェストの違い | 共起語を調べるツールを紹介

  • 投稿
  • Q&A
共起語とサジェストの違い | 共起語を調べるツールを紹介

アフィリエイト塾の先輩に教わったけど、

まったく理解できなかった共起語。

 

 

皆さん、共起語って知ってますか?

 

 

 

当時、アフィリ塾の先輩から、

「共起語をふんだんにコンテンツ内に入れるんだよ、

そのほうがSEO効果があがるから」と教わりました。

 

 

しかし、そもそも共起語がなんなのか理解できなかったことと、

共起語の調べ方すらわかりませんでした。

 

 

共起語の「共起」という言葉をネット上で調べると、

Wikipediaにこう書かれています。

 

共起(きょうき)は、ある単語がある文章中に出たとき、その文章中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。日本語の例では「崩御する」という単語に「天皇が」という言葉が多く用いられることや、単に他動詞には「を」が、「行く」には目的地を示す「に」が頻出することが挙げられる。

 

 

共起語というのは、

主にSEO対策として紹介される内容です。

 

 

サイトのコンテンツというのは、

メインのキーワードだけでなくそれに関連するキーワードも

サイトの記事内に盛り込まれているのも普通です。

 

 

キーワードの周囲によく現れる単語とも言えます。

共起語にあたる単語は1つではなく、複数存在します。

 

 

要は、文章内でセットで使われやすい言葉ってことです。

 

 

検索エンジンが、コンテンツの網羅性や専門性を判断する際、

この共起語を見ているとされています。

コンテンツ内に、共起語を適切に使用することで

コンテンツを上位表示させるのに役立ちます

 

 

 

むやみに、共起語を意識する必要はありません。

文脈を無視して、ひたすらメインキーワードと共起語を組み合わせるとか

そんなことをやっても、サイト訪問者のためになりません。

 

 

SEOは、あくまでもコンテンツに人を集めるための手段です。

 

SEO自体が目的になってアフィリエイトをすると

目的と手段を混同した状態となって、

サイト何百個も作ったけどぜんぜん稼げない!という結果になりかねません。

 

 

 

 

共起語と関連語(複合キーワード)との違い

 

共起語と一緒にされやすいのがサジェストキーワードです。

ボクも勘違いしていました。

 

 

 

サジェストキーワードというのは、

メインとなるキーワードとセットで「検索されやすい」キーワードのことです。

 

そして、共起語というのは、

メインとなるキーワードとセットで「文章内に使われやすい」キーワードです

 

 

 

 

グーグルや、ヤフーで検索すると

検索窓の下に入力候補が出てきますよね。

 

サジェスト

 

それが、サジェストキーワードです。

 

 

検索結果を下までスクロールすると、

関連キーワードとして出てくるのも、サジェストキーワードです。

 

ヤフーのサジェスト

 

 

 

 

 

共起語を調べるためのツール

 

共起語を調べるツールがあるので、参考にしてください。

 

・共起語検索

http://neoinspire.net/cooccur/

 

・共起語検索調査ツール

https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

 

 

 

むやみやたらなSEOを意識するより

しっかりサイト訪問者に有益な情報を提供したほうがいいです。

 

ただ、共起語って言葉がわかってくると

記事のリライトに使えるようになるので、紹介させていただきました。

 

 

 

 

記事タイトル=要約でいいの? 1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり

  • 投稿
  • Q&A
記事タイトル=要約でいいの? 1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり

「記事タイトルの付け方ってどうすんの?」

とSNSで聞かれたので説明しておきます。

 

 

 

記事タイトルの付け方で大切なことは、

「いかに興味をひきつけるか」です。

 

 

 

そこで、必要になってくるのが「具体性」です。

 

 

 

人間の第一印象は、視覚(見た目)で決まると言われています。

 

 

ブログ上で、この見た目にあたる部分は、

 

「ブログタイトル」

「記事タイトル」

そして、「記事の書き出しの部分」です。

 

 

この3つを瞬間的に判断して、

その記事をクリックして読む、

クリックもせず他のサイトにいくかどうかを決定しています。

 

 

だからこそ、

クリックして読ませるためには

興味を持たせる記事タイトルをつける必要があります。

 

 

 

 

しかし、

ほとんどの人がやってしまいがちのパターンが

記事内容の要約を記事タイトルにするやり方です。

 

 

あなたのサイトが超絶人気サイトだったらこれでもいいです。

芸能人がフェイスブックで「おはよ~」って言うだけで、

イイネとコメントの嵐になるんですから。

 

 

しかし、ほとんどの人は、

あなたの存在を知らない人ばかりです。

そして、あなたがブログを書いていることすら知りません。

 

 

 

 

 

要約って、なんのためにするのか考えてみましょう。

 

 

 

 

要約読めば、

内容がある程度わかるから要約なんですよね?

 

 

つまり、読まなくても、要約された記事タイトルだけ見れば

どういうことが書いてあるのか説明してしまうようなものです。

 

 

 

 

具体性を出す

 

記事タイトルが要約になってしまう人は、

この「具体性」が有効だと思います。

 

 

 

たとえば。今回のボクの記事タイトル。

 

普通につければ、「記事タイトルのつけ方」

もう少し踏み込んで、「興味を引き付ける記事タイトルの付け方」

こんなところでしょうか。

 

 

しかし、これだと抽象的すぎてボヤけてるんです。

 

 

そこで、「1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり」

としてみました。

 

「1秒」というところが具体性です。

 

 

 

「そこまで具体的にしちゃっていいの?」

と不安になる人もいると思いますが、

具体的であればあるほど、興味を引くことはできます。

 

 

 

 

「1日でできる興味を引く記事タイトルの付け方」

 

 

「3分でできるインスタントタイトル作成方法」

 

 

「300人が注目した記事タイトルの付け方」

 

 

いくらでも考えれば出てきそうですよね(笑)

 

 

 

 

 

記事タイトルの付け方は、他にも法則があります。

ご要望あればどんどん公開していきます!

 

 

今すぐできること

 

あなたが書く記事のタイトルを

「具体的」にしてみましょう

 

 

そしてできる限りインパクトのあるタイトルに!!

 

 

いやいや、自分のブログでそんなこと怖くてできない!

いきなり人が変わったみたいだし!

 

って人は、別にブログを作って、

中身は丸ごとあなたのサイトをコピペしたまま、

記事タイトルだけ変えて反応を見ても面白いと思いますよ!