兼業アフィリエイターがアフィリエイトで稼ぐ方法

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

記事一覧

あたたかいミカンが教えてくれたコト

あたたかいミカンが教えてくれたコト

アフィリエイトするうえで、

もっとも大切なのってなんでしょうか?

 

 

アクセスですか?

 

それとも、SEO対策で上位表示させることでしょうか?

 

はたまた、グッと引き付けるような魔法の文章力でしょうか?

 

 

違います。

 

少なくとも、ボクは違うと思っています。

 

 

アフィリエイトで一番大切なのは、サイト訪問者との信頼感です。

 

 

 

アフィリエイトに取り組んで一年半くらい経つまで、

この「信頼こそもっとも重要」ということがわかっていませんでした。

 

 

 

上位表示されるサイトになれば

信頼されるサイトとみなされるんだろう!

 

ってボクは勘違いしていたわけです。

 

 

なので、独自ドメイン、中古ドメイン、無料ブログ

ありとあらゆる方法で被リンクをつけてました。

 

 

ツイッターのフォロワーが多い人はすっごい人なんだ

フォロワー10000人獲得できれば信頼されるだろう!

 

 

って、思ってました。

 

 

 

これ、「俺、年収1000万あるから話聞けよ」って言ってるのと

変わらないですよね・・・。

 

 

「社長なんだから、俺の言うことを聞け!!!!」

 

「俺はベテランなんだから、やり方には従うんだ!!」

 

 

言うこと聞きます?

とりあえずは、聞くかもしれません。

 

 

でも、疑問がでた時点でアウトでしょう。

 

 

昼間の職場でボクがもらったミカン

 

「最近疲れてません?」

 

ボクが、今の職場に移動してから、そろそろ1年が経ちます。

 

そんな春も間近になったこの3月、

職場のパートさんから声をかけられました。

 

 

 

さて、なんでこんな話を持ち出したかと言えば、

アフィリエイトで月10万を超えた頃には

ボクが絶対理解できていなかったからなんです。

 

 

信頼というのは、

相手の立場になって解決策を提示する、

相手の立場でアドバイスする、

相手の立場で相談にのることで得られていきますよね。

 

 

ブログも一緒です。

 

 

 

信頼されてます?

 

2016年4月

ボクは、引き継ぎもない状態で、畑違いの職場を担当しました。

 

 

事務職から、販売の仕事に異動したので、

慣れない・わからないことの連続でした。

 

 

周りのパートさんたちにも、

なにもわかってないヤツが来たと思われていたくらいです。

 

 

 

職場のオペレーションは、ぐっちゃぐちゃで整備されておらず、

マニュアルもないような職場だったため、

最初の頃は、パートさんたちの話してる言葉すらわかりませんでした。

 

 

 

職場の各業務の全体像もよくわかっていないままだったので、

「郷に入っては郷に従え」の格言どおりに、

まずは、その現場の文化に馴染むようしました。

 

 

 

どんな職場でも、これまでの積み重ねと歴史がありますよね。

 

 

それを無視して、ひょこんと来たよそ者のボクが、

「これっておかしいから変えようか」と言ったところで、

周りの人たちから反発されますし、うまくいきません。

 

 

 

職場の問題点に気づいたとしても、

そのことを得意げになって指摘されて嬉しいわけがありません。

 

 

職場のパートさん(仮にIさんとします)から、

「ちゃんとご飯食べてる?疲れてそうならビタミンとったほうがいいから」

と渡されたのが、みかんでした。

 

 

Iさんは、元々他の企業で経理畑を歩んできた人です。

 

 

そして、パートさんとして今の会社に勤め始めて4年ほど。

 

 

このIさんは、

仕事を覚えるのが遅いと、社内で評価されてました。

 

 

そしてIさん自身、会社に対する不満が根強いパートさんでした。

 

 

 

また、経理畑を歩んできたため、

事務処理能力は高く納得のいかないことをキライます。

 

 

一つ一つのことを地道にこなしてくタイプなので、

理屈っぽいところはボクと似ていますが、

ガンガン仕事を進めるボクの仕事スタンスとは、完全に真逆です。

 

 

困ったことに、仕事中でも、いきなりクドクドと

自説を持ち出して、説明してくるので

「忙しいんで後にしてください」

って感じで、ボクはあしらってました。

 

 

敵意というか言い知れない不満を

ボクにぶつけてくるのは勘弁してくれ・・・

 

 

会社のこれまでの不満をひたすらボクにぶつけられても

仕事に慣れることでせいいっぱいだったボクには

「またかよ・・・・」と心のなかで何度も愚痴ったものです。

 

 

あまりにクドクド言われるので

一度、事務所のなかで大喧嘩になりました。

 

 

簡単に言うと、敵意剥き出しのパートさんでした。

 

 

 

 

しかし、そんなIさんの評価が、ボクのなかで変わる出来事がありました。

 

 

遅くまで残って仕事をしているIさんに

疑問に思って、あるとき質問してみました。

 

 

 

「遅くまでお疲れ様です。なにか気になるコトでもあるんですか?」と。

 

 

「ほんと、仕事に時間のかかる人だな・・・・」くらいに思ってました。

 

 

 

Iさん

「これから忙しくなるときに、

みんながわかりづらいと思ってる業務の受付部分を直してるんです」

 

 

この言葉が、ボクにとって衝撃的でした。

 

 

職場のオペレーションが整備されてないことで

ボクは、働きづらくてし方ありませんでした。

 

 

マニュアルもなかったので、

自分でひとつずつマニュアルを作っていたくらいです。

 

 

こういう地味な作業が、

うちの会社ではまったく評価されない、なね百も承知です。

 

しかし、業務が混乱したまま仕事をするのは

ブレーキをかけながらアクセルを思いっきり踏み込むようなものです。

 

 

「この会社に、こういう人ってまだいたんだな・・・」と。

 

 

ボクのいる会社は、

・オペレーションが整備されてない

・業務の習熟は、経験によってのみ

・過去の情報もごちゃ混ぜになっていて、新しく仕事する人が働きづらい

こんな特徴があります。

 

 

で、こういう会社は、地道に情報を整備する人を評価しません

本当は、いろんな人が力を発揮できるために、

情報を整備しなくちゃいけないのに・・・・。

 

 

 

Iさんの取組みを、ボクは応援したくなりました。

 

 

「お疲れ様です、ボクはそういった情報整備の取組みは非常に評価しますよ!」

そういって、コンビニで買ってきたコーヒーを差し入れしたわけです。

 

 

そんなことがきっかけで、

Iさんとはよく話をするようになりました。

 

 

忙しく慌ただしい職場ですが、

彼女が集中して仕事ができる環境を少しでも作りました。

 

 

小言も相変わらず口うるさく言われますが、

ボクに対して接する態度が変わってきました。

 

 

そして、煩雑な受付部分を整備し終わったIさんに対して、

ボクは、地味で評価されないようなことに取り組んでくれたことに対して

感謝の言葉を伝えました。

 

 

Iさんには、

「今度の会議であなたの取り組みを報告します」と伝えました。

 

 

「そんなこと言わなくていいです」

とも言われましたよ、Iさんには。

 

それでも、あなたの取り組みは

ものすごく地味だけど、

 

・情報を整備するというのは、非常に大変で多大な労力がかかること

・毎回のように振り回されながら仕事を頑張るというのはおかしいこと

・整備されたオペレーションは資産であること

 

だkら、ボクは会議で報告するとIさんに伝えました。

 

 

いつものように大した反応もなく、

会議ではスルーされましたけど(笑)

 

 

 

そのお礼だったのでしょうか。

それとも・・・・

あまりに仕事で疲れているように見えたのか、よくわかりません。

 

 

 

土曜日に働いていたときに、

Iさんから、「疲れてません?ちゃんとビタミンCをとらないとダメですよ」

と渡されたのが、さきほどのミカンです。

 

 

「この前のコーヒーのお返し」

と言われてもらった、なんだかあったかいミカン。

 

 

暖かい飲み物と一緒に入ってたせいか、

ホクホク暖かかったのが妙に印象に残りました。

 

 

文字通り、心が暖かくなりました。

 

 

 

 

そして、これってアフィリエイトと一緒だ・・・・

と気づいたわけです。

 

 

 

信頼されるサイトは相手の必要としてることに応えている

 

アフィリエイトを学びはじめて、

 

 

人は、なにも知らない人からモノを買うよりも

知っている人、信頼できる人、もしくは、境遇が似ている人からモノを買う

 

 

と教わってきました。

 

 

信頼関係を構築するのが、

昼間の仕事だと、話を聞く(傾聴とかまさにそうですよね)、

そして、アフィリエイトだとコンテンツになります。

 

 

それも、相手の悩みや、怒りに対して応えてあげるコンテンツ。

 

 

 

訪問者にとって価値あるコンテンツを提供し続けることで

信頼関係を構築し、結果として売り上げにつながっていく。

 

 

 

昼間の仕事だってそうです。

相手のことに耳を傾け、相手のことを考える。

 

信頼を得るためには、自分のことをおいておく必要があります。

そして相手に合わせる。

 

 

信頼関係を構築してから、職場の改善をしないと、

どんなに大義名分のある改革・改善だってうまくいきません。

 

ここらへんは、経営者でも失敗する人多いですよね。

 

 

 

相手をディスるだけなら、

いくら接触頻度が増えても信頼関係なんて生まれません。

 

 

で、こう勘違いするんですよね。

 

 

「オレは、こんだけ頑張ってるのに、

なんで、アイツらはいつも文句を言うんだ!」と。

 

 

これ、アフィリエイトに似てません?

 

 

「こんだけ頑張ってるのに、

なんで、報酬が上がらないんだ!!」

 

 

 

あなたの作ってるサイトのコンテンツって

本当に相手のことを考えてますか?

 

 

 

 

今日のまとめ

 

信頼関係を築くには、

相手に合わせたコンテンツを用意しなくてはいけません。

 

相手に合わせるというのは、

あなたのサイトのターゲットが必要とする情報を提供するということです。

 

※ターゲット設定については、こちらを参考にしてください。

 

 

あなたのサイトは、誰に向けて書いた情報なのか

そして、その人たちが気になること、悩みはなにか、

 

 

そこを掘り下げて、そのターゲットとなる読者に向けて書いたコンテンツは

紛れもない良質なコンテンツになります。

 

 

そして、良質なコンテンツを積み上げることが

サイトにたいする、そしてあなたに対する信頼につながるんです。

共起語とサジェストの違い | 共起語を調べるツールを紹介

  • 投稿
  • Q&A
共起語とサジェストの違い | 共起語を調べるツールを紹介

アフィリエイト塾の先輩に教わったけど、

まったく理解できなかった共起語。

 

 

皆さん、共起語って知ってますか?

 

 

 

当時、アフィリ塾の先輩から、

「共起語をふんだんにコンテンツ内に入れるんだよ、

そのほうがSEO効果があがるから」と教わりました。

 

 

しかし、そもそも共起語がなんなのか理解できなかったことと、

共起語の調べ方すらわかりませんでした。

 

 

共起語の「共起」という言葉をネット上で調べると、

Wikipediaにこう書かれています。

 

共起(きょうき)は、ある単語がある文章中に出たとき、その文章中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。日本語の例では「崩御する」という単語に「天皇が」という言葉が多く用いられることや、単に他動詞には「を」が、「行く」には目的地を示す「に」が頻出することが挙げられる。

 

 

共起語というのは、

主にSEO対策として紹介される内容です。

 

 

サイトのコンテンツというのは、

メインのキーワードだけでなくそれに関連するキーワードも

サイトの記事内に盛り込まれているのも普通です。

 

 

キーワードの周囲によく現れる単語とも言えます。

共起語にあたる単語は1つではなく、複数存在します。

 

 

要は、文章内でセットで使われやすい言葉ってことです。

 

 

検索エンジンが、コンテンツの網羅性や専門性を判断する際、

この共起語を見ているとされています。

コンテンツ内に、共起語を適切に使用することで

コンテンツを上位表示させるのに役立ちます

 

 

 

むやみに、共起語を意識する必要はありません。

文脈を無視して、ひたすらメインキーワードと共起語を組み合わせるとか

そんなことをやっても、サイト訪問者のためになりません。

 

 

SEOは、あくまでもコンテンツに人を集めるための手段です。

 

SEO自体が目的になってアフィリエイトをすると

目的と手段を混同した状態となって、

サイト何百個も作ったけどぜんぜん稼げない!という結果になりかねません。

 

 

 

 

共起語と関連語(複合キーワード)との違い

 

共起語と一緒にされやすいのがサジェストキーワードです。

ボクも勘違いしていました。

 

 

 

サジェストキーワードというのは、

メインとなるキーワードとセットで「検索されやすい」キーワードのことです。

 

そして、共起語というのは、

メインとなるキーワードとセットで「文章内に使われやすい」キーワードです

 

 

 

 

グーグルや、ヤフーで検索すると

検索窓の下に入力候補が出てきますよね。

 

サジェスト

 

それが、サジェストキーワードです。

 

 

検索結果を下までスクロールすると、

関連キーワードとして出てくるのも、サジェストキーワードです。

 

ヤフーのサジェスト

 

 

 

 

 

共起語を調べるためのツール

 

共起語を調べるツールがあるので、参考にしてください。

 

・共起語検索

http://neoinspire.net/cooccur/

 

・共起語検索調査ツール

https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

 

 

 

むやみやたらなSEOを意識するより

しっかりサイト訪問者に有益な情報を提供したほうがいいです。

 

ただ、共起語って言葉がわかってくると

記事のリライトに使えるようになるので、紹介させていただきました。

 

 

 

 

紙と電子媒体 学習効果が高いのはどっち?

紙と電子媒体 学習効果が高いのはどっち?

デジタル化が進んできた現在では、

「教科書の内容をタブレットに配信する」なんて学校もあるとか・・・。

 

 

 

アフィリエイトの商材もPDFで配信されることが多いのですが、

きちんと、紙に印刷して書き込んでいる人ってどれくらいいるでしょうか?

 

 

さらに、あなたが気になったことを

ノートに書き込んで、まとめて、情報を整理したことがありますか?

 

 

 

 

ためになった!と思ったらevernoteに放り込む

はてなブックマークで、どの端末でもブックマークを共有する

PDFファイルはきちんとフォルダを作って整理している

 

 

LIFEHACKなんて言葉が一時期流行りましたが、

昨今では、誰でも、ネットの便利なサービスを利用しています。

 

 

もちろん、こうしたことが悪いわけじゃないんです。

 

 

ただ、学習効果が高いのはどちらか、考えたことはありますか?

 

この違いを知っているだけで、

「あーそれ知ってる!知ってる!」という物知りくんで終わるのか

着実にスキルアップできるかの違いになります。

 

 

 

 

 

ディスプレイで見る情報の欠点

 

どうしてこういうことを考えるようになったのか、

それは、アフィリエイトをしていたからというよりも、

ウェブ上のライティングについて学んだ経験からです。

 

 

ブログの文章をどう書くか、これには型があります。

 

 

そして、その大前提となるのが、

「3つのNOT」と言われるものです。

 

 

・読まない

・信じない

・行動しない

 

というのが、ウェブ上のライティング技術を身につけるための大前提です。

 

 

 

そう、あなたの書いているブログの訪問者も

内容をしっかり読み込んでいる人なんてほとんどいません。

 

 

せいぜいよくて、眺めるだけ。

 

たとえ、読んでいたとしても、

ディスプレイから得る情報というのは、

ざっくりと流し読みをしているということです。

 

 

もちろん、あなたが今読んでるこの文章だって

ざっくりと流し読みをされています。

 

 

なので、これは学習するときにも言えることなんです。

 

 

 

文書の確認は印刷した紙媒体で行う

 

ボクがまだ30歳くらいだった頃、

当時の上司から、何度も言われたことがあります。

 

 

 

「作成した文書は一度印刷して確認すること」

「印刷しないでパソコン上だけで確認しても、ミスや間違いに気づかない」

というものです。

 

 

ネチネチくどくどうるさい上司でしたが、

この方には非常に多くのことを学ばせてもらいました。

 

 

ちなみに、ボクは、紙媒体を完全に舐めてました。

 

だって、紙媒体って保管場所を確保するの面倒ですよね。

それに、ファイルに綴じるためには、穴開けパンチだって必要ですし。

PDFの文書を印刷するためにはプリンターに紙をセットしなくちゃいけません。

 

 

既に、ライティングの大前提を

当時の上司から教わっていたのに、

教わったことがアフィリエイトの文章スキルにとって

どれほど重要なのか、まったくつながっていなかったんです。

 

 

 

学習効果が高いのは紙媒体

 

アメリカのワシントン大学の研究者は、

「手書きで勉強するほうが記憶に残る」という研究結果を発表しています。

 

 

パソコンを使っていた学生は24時間後には記録した内容を忘れてしまうことが多かった。また、大量のノートを見返しても記憶を呼び戻すのにあまり有効ではなかった。それが非常に表面的だったからだ。

対照的に、手書きでノートを取った学生は講義内容を長く記憶でき、1週間後でも講義で示された概要をよく覚えていた。専門家らは、書くというプロセスがより深く情報を記憶に焼き付けると指摘する。また、手書きのノートはよく整理されているため、復習にもより大きな効果を発揮する。

 

(引用:THE WALL STREET JOUNAL|あなどれない「手書き」の学習効果

 

 

つまり、ディスプレイ上で見る情報というのは、

情報パターンや、流れをつかむのには向いています。

マンガとかをささっと読むなら、ディスプレイのほうがいいわけです。

 

 

しかし、自分自身の間違いに気づいたり、

学習して長期記憶に落とし込むには、紙媒体が有利だということです。

 

 

 

今すぐできること

 

新しいことを学ぶとき、

最適なものは、ペンと紙です。

 

机の上に、ノートとメモを必ず置いておきましょう。

 

そして、ためになった情報があれば、

それを書き込んでおくんです。

 

目標設定をしても途中で挫折しないたった1つの重要なこと

目標設定をしても途中で挫折しないたった1つの重要なこと

夢や目標を紙に書いてる人は多いと思いますが、

なぜ途中で挫折してしまうのでしょうか。

 

 

これは、ボクがアフィリエイトで10万の報酬を達成した後、

まったく引き継ぎもない状態で異動となった職場で働き

アフィリエイトを一時期中断していたときに聞いた話です。

 

 

といっても、まだ1年たってません(笑)

月日が経つのは早いなぁ・・・。

 

 

 

兼業でアフィリエイトに取り組む人は、

今の収入や今の会社に満足できない人がほとんどのはずです。

 

 

今でこそ、景気はよくなっていますが、

不景気なんて必ずそのうち来ます。

 

 

そのときに備えて、今から準備しておこう!

と決意していても、慣れないことばかりだったり、

自分の自由な時間がとれないほど忙しいって人はいるでしょう。

 

 

 

こうやってブログを書いてるボクも

昼間の仕事で忙しいときは、3分前のことすら覚えてないくらい

大量のありとあらゆる業務に対応しています(笑)。

記憶力が低下しているだけなのかもしれませんが・・・。

 

 

 

あまりの忙しさに、アフィリエイトまで手が回らず、

いったいいつになったら、稼げるスキルが身につくんだろう

と途方に暮れていた時期もありました。

 

 

 

そのときにボクが教わったことをお伝えします。

 

 

毎日、目標を唱えるよりも、

期日を設定して具体的な目標にするよりも、

一番強力な方法です。

 

 

途中で挫折してしまうことも、

モチベーションが出ないなぁと思うことも、

一切なくなると思います。

 

 

 

 

目標設定で大切なのは理由だ

 

100万稼ぐんだ!

 

半年経ったら、忘れてる

 

 

 

なんで100万の報酬が必要なのか?

 

 

しっかりとした理由がありますか?

 

 

 

 

遊びたいからでも、会社を辞めたいからでも

なんでもいいんです。

 

 

 

あなたが設定した目標に、理由があるのかどうか。

 

 

 

会社を辞めたいというのも、

もっとあなたなりの理由があるはずです。

 

 

残業時間と休日出勤が多すぎて、

喰う、寝る、働くの1年間はもういやだ!

 

って人もいるでしょうし、

 

 

社内の派閥争いで

自分の評価が180度変わるのはイヤだ!

 

て人もいるでしょうし、

 

 

絶対処理できないような業務量が振ってくる

 

ってことが嫌な理由かもしれませんし、

 

 

職場の文化水準が低すぎる!

 

ってのがいやな理由かもしれません。

 

 

会社の保身体質がいやだ!

 

って理由もありそうですよね。

 

 

毎回毎回マニャアルもない職場の担当になり、

業務を0から覚えてマニュアルを作り上げるのはもう疲れた

 

って人もいるでしょう。

 

 

 

以上すべてボクの理由です。

だからボクは、アフィリエイトで稼いで会社を辞めようと決めました。

 

 

あなたが設定した目標に、

明確な理由があるのかどうか

 

 

それさえあれば、挫折することなんてありえません。

 

 

モチベーションなんて幻想だ!

とアフィリエイト塾でも教わってきましたが、

やる気が出ないからブログを書くのはやめておこう

と思ったこともありません。

 

 

疲れたから今日は寝ようということは多々ありますけど・・・。

 

 

目標設定は、進路とゴールを決めているようなものです。

継続させるためには、ガソリンが必要です。

 

 

そのガソリンになるのが、「なんでそうなりたいのか」

つまり、理由ってことです。

 

 

これは、アフィリエイトの目標設定にだけ言えることではありません。

 

 

ダイエットだってそうです。

ただ、痩せたいなぁじゃダメなんです。

 

禁煙だってそうです。

身体に悪いしなぁ・・・ってだけじゃダメなんです。

 

 

3週間たてば、「今日くらい、いいかな」。

 

3ヶ月経てば、「まっいっか・・・・」

 

半年たてば、「そんなことあったなぁ」で終わってしまいますよ

 

 

 

 

 

今すぐできること

 

目標設定をしたら、

「なぜ」そうなりたいのかを

明確にしておいてください。

 

 

 

これは、時間のあるときに、

じっくりと静かな場所でとりかかるのがいいです。

 

 

ボクは、たまりに貯まった振休をとった2日間、

じっくり自分の稼ぎたい理由がなんなのかを紙に書き出しました。

 

 

 

ノートにズラズラと書き出すほうがいいですよ。

 

キーボードで入力しようなんて思わないほうがいいです。

キーボードで入力するのは作業です。

 

 

あなたの目標設定の理由付けを明確にするのは、

作業ではありません。

 

 

絶対にノートに書き出してください!