兼業アフィリエイターがアフィリエイトで稼ぐ方法

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

記事一覧

記事タイトル=要約でいいの? 1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり

  • 投稿
  • Q&A
記事タイトル=要約でいいの? 1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり

「記事タイトルの付け方ってどうすんの?」

とSNSで聞かれたので説明しておきます。

 

 

 

記事タイトルの付け方で大切なことは、

「いかに興味をひきつけるか」です。

 

 

 

そこで、必要になってくるのが「具体性」です。

 

 

 

人間の第一印象は、視覚(見た目)で決まると言われています。

 

 

ブログ上で、この見た目にあたる部分は、

 

「ブログタイトル」

「記事タイトル」

そして、「記事の書き出しの部分」です。

 

 

この3つを瞬間的に判断して、

その記事をクリックして読む、

クリックもせず他のサイトにいくかどうかを決定しています。

 

 

だからこそ、

クリックして読ませるためには

興味を持たせる記事タイトルをつける必要があります。

 

 

 

 

しかし、

ほとんどの人がやってしまいがちのパターンが

記事内容の要約を記事タイトルにするやり方です。

 

 

あなたのサイトが超絶人気サイトだったらこれでもいいです。

芸能人がフェイスブックで「おはよ~」って言うだけで、

イイネとコメントの嵐になるんですから。

 

 

しかし、ほとんどの人は、

あなたの存在を知らない人ばかりです。

そして、あなたがブログを書いていることすら知りません。

 

 

 

 

 

要約って、なんのためにするのか考えてみましょう。

 

 

 

 

要約読めば、

内容がある程度わかるから要約なんですよね?

 

 

つまり、読まなくても、要約された記事タイトルだけ見れば

どういうことが書いてあるのか説明してしまうようなものです。

 

 

 

 

具体性を出す

 

記事タイトルが要約になってしまう人は、

この「具体性」が有効だと思います。

 

 

 

たとえば。今回のボクの記事タイトル。

 

普通につければ、「記事タイトルのつけ方」

もう少し踏み込んで、「興味を引き付ける記事タイトルの付け方」

こんなところでしょうか。

 

 

しかし、これだと抽象的すぎてボヤけてるんです。

 

 

そこで、「1秒でできる吸引力のあるタイトルづくり」

としてみました。

 

「1秒」というところが具体性です。

 

 

 

「そこまで具体的にしちゃっていいの?」

と不安になる人もいると思いますが、

具体的であればあるほど、興味を引くことはできます。

 

 

 

 

「1日でできる興味を引く記事タイトルの付け方」

 

 

「3分でできるインスタントタイトル作成方法」

 

 

「300人が注目した記事タイトルの付け方」

 

 

いくらでも考えれば出てきそうですよね(笑)

 

 

 

 

 

記事タイトルの付け方は、他にも法則があります。

ご要望あればどんどん公開していきます!

 

 

今すぐできること

 

あなたが書く記事のタイトルを

「具体的」にしてみましょう

 

 

そしてできる限りインパクトのあるタイトルに!!

 

 

いやいや、自分のブログでそんなこと怖くてできない!

いきなり人が変わったみたいだし!

 

って人は、別にブログを作って、

中身は丸ごとあなたのサイトをコピペしたまま、

記事タイトルだけ変えて反応を見ても面白いと思いますよ!

 

 

ブログの文章をランクアップさせる秘訣

ブログの文章をランクアップさせる秘訣

「これはやっちゃダメなの」

と子供に注意すると、必ず子供は「どうして?」と疑問に思います。

 

 

 

「こうしないとダメなの」

と言われると、大人だって「どうして?」と思うはずです。

 

 

 

そう

 

 

「なんでそうしちゃいけないのか」

わからないから理由を教えてほしいのです。

 

 

あなただって、子供のころに、

「もっと勉強しなさい!」と親に言われた経験がありましたよね。

 

 

で、猛烈に勉強しましたか?

 

親に隠れてゲームして遊んでいたはずです。

勉強したフリをしていたはずです。

 

 

 

 

ブログの文章をランクアップさせるのは理由づけ

 

ブログの文章も一緒です。

 

最初にきちんと理由を書いておくのです。

 

 

 

 

 

あなたが競馬の勝ち方について書いているなら、

どうしてその文章を読まないといけないのか

そのことについて、最初に書いておくんです。

 

 

 

サイト訪問者に共感してもらう文章が大切だよ

と伝えるなら、その理由を書いておかないといけません。

 

 

 

ダイエットしなきゃダメでしょ

というなら、その理由を書いておけば、

訪問者はあなたのブログを夢中になって読みます。

 

 

 

これは、仕事のプレゼンでも言えることです。

なんであなたの発表を聞かなくてはいけないのか

まず、理由を伝えます。

 

そうすることで、会議に参加した人は一気にあなたの話に耳を傾けます。

 

 

部下に仕事を教える時も同じです。

「なぜ、それが大事なのか」をつたえずに、

「いいか、ココが大事なんだよ、わかった?」

と指導したって、相手は上の空ですよね?

 

 

 

SNSで集客するときに、

自らすすんで与えることが大切です!

とボクが伝えた記事にも、理由がありました。

 

 

 

最初に理由をもってくることで、

あなたの伝えようとする内容が気になります。

 

 

この酵素ドリンクがおすすめなの!

と紹介するときも理由を最初に。

 

 

あなたのおすすめランキングを紹介するときも理由を。

 

 

理由を説明された相手は、

あなたの伝えることに興味をもつんです。

 

 

福沢諭吉の学問のすすめも理由づけ

 

「学問のすすめ」を記した慶應義塾大学初代塾長の福沢諭吉もこの方法を使っています。

 

福沢諭吉

wikipediaより引用

 

原文のままだとわかりづらいので、口語訳を引用します。

 

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉があります。
これがもしそのとおりなら、人はこの世に生まれた瞬間からずっと、あらゆる人が同じ地位に立ち、貴賤上下の差別もなく、生まれた時から持っている精神と肉体を存分に使ってあらゆる物資を利用し、衣食住を整え、それぞれ自由自在に、それでいてお互いの邪魔をせず、みんな豊かで気楽に生きていけることでしょう。

ところが今、この世の中を見回してみると全然そうでもなくて、どうも賢い人と愚かな人がいるようです。貧乏人もいれば金持ちもいる。立派な人も卑しい人もいて、その有り様は雲と泥くらいの違いといっていいくらい。これってどうしてだと思います?
ことの次第は明解です。
『実語教』(註/平安末期から明治初期にかけて普及した、庶民のための教訓を中心とした初等教科書)という本に、「人は学ばなければ知恵がない。知恵がない人は愚かだ」と書いてあります。つまり、賢い人と愚かな人の違いというのは、「学んだ人」と「学ばない人」だという単純な話なんですね。

http://weemo.jp/s/3856a82eより引用

 

 

「学問は大事だ」という主張に対して、

勉強しないと、貧乏な人、卑しい人になるからだ、

と理由づけをしているのがわかるはずです。

 

 

理由を最初にもってくることで、

あなたのサイトを訪問した人は、

あなたの主張に対して、

初めて「読もう」と思うんです(無意識に)。

 

 

 

 

 

今すぐできること

 

ブログを書くとき、理由を最初に入れてみてください。

 

そうすることで、「おっ?!」と思わせることができます。

 

 

グッと引き込むための文章術として、ぜひ活用してみてください!

 

 

アフィリエイトだけでなく、

スピーチや、プレゼン、教育など、いろんなことに応用できますから。

 

SEO無視でもPVは稼げる 独自ドメインとって2週間で拾ったアクセス数

SEO無視でもPVは稼げる 独自ドメインとって2週間で拾ったアクセス数

SEOとかどうでもいいでしょ!と考え、

こちらのブログを作ったのが2月11日。

昨日でちょうど、2週間たったわけです。

 

 

 

SEOのような難しいスピリチュアルのような考え方は

なかなか理解しづらいものがあります。

 

 

 

・ドメインパワーはどちらが強いのか

・中古ドメインは当たり外れがある

・検索されるキーワードを記事タイトルに入れる

・SEOを意識したライティングスキル術

・独自ドメインのサイトは1ヶ月続けないとダメだよ

・アンカーテキストは分散しよう!

・SEOを意識するなら、1記事2000文字以上!

 

 

あなたもこうしたことを一度は聞いたことがあるはずです。

 

 

しかし、聞いて理解できましたか?

やってみてどうでしたか?

 

 

 

ボクには難解すぎて理解できませんでした。

 

 

結論から言ってしまえば、

理解できないことはやらなくてもいいと思います。

悩み事が増えるだけですから・・・。

 

 

 

 

サイト開設2週間が経過したので、

改めてページビュー数(PV数)とともにを振り返ってみました。

 

SNSマーケティング

 

 

 

2月11日   4件

ブログランキングの登録と記事入れを3件して、このサイトはスタートしました。

 

2月12日 1件

PV数1というのは悲しいですが、

生まれたてのサイトにきていただきありがとうございます。

(総記事数4件)

 

2月13日 32件

(総記事数6件)

 

2月14日 16件

(総記事数8件)

 

2月15日 24件

(総記事数11件)

 

2月16日 29件

(総記事数12件)

 

2月17日 89件

(総記事数13件)

初めて、このブログにコメントをいただきました。

コメントいただいた方ありがとうございます。

とても嬉しかったです。

 

2月18日 94件

記事入れなし

 

2月19日 32件

(総記事数14件)

 

2月20日 129件

(総記事数15件)

 

2月21日 201件

(総記事数16件)

この頃は、ツイッターからのアクセスが1/3を占めていました。

 

2月22日 842件

(総記事数18件)

フェイスブックで、はてブがバズられたようです。

はてブしてくださった方、ありがとうございます。

 

2月23日 168件

記事入れなし

 

2月24日 145件

(総記事数19件)

 

2月25日 317件

(総記事数21件)

 

2月26日 785件(20:41時点)

(総記事数22件)

検索エンジン経由で、

アクセスが伸び始めました(速攻終わるかもしれませんが)。

25日に投稿した記事が引き金のようです。

スマホのニュースサイトにも取り上げられたみたいで、

少ないですが、そちらからもアクセスがありました。

 

 

 

検索サイトのグーグルからのアクセスが

どういうキーワードだったのかわかりませんが、

検索順位をあげるために被リンクサイトを作っていません。

 

時間が足りなくて

放置されたシーサーブログがボクの被リンクブログです。

http://affi2017.seesaa.net/

 

 

それと途中でメンテナンスが飽きた

アフィリエイトノウハウまとめ系のアンテナサイトです。

http://apatz.com/affiliate2017/

 

 

被リンクをあててるサービスはこちら。

被リンクサイト晒します アフィリエイトの被リンク媒体をどう作るのか

 

 

 

こちらのサイトのペルソナ設定については、

この記事にも書いたとおりです。

 

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

 

 

大してSEOなんて意識しなくても、

 

・これだけのアクセスを集められること

・「グーグルの奴隷になりたくない!」

と思ってたらグーグルから歩み寄ってくれたこと(ツンデレめ!)
・独自ドメイン開設してから1カ月経たなくても、

まとまったアクセス数になること

 

といった結果になりました。

 

SEO意識しなくても、アクセスとれるんだったら、

時間がないのにサテライトサイトの量産、更新とかやらなくてもいいと思います。

 

 

そういうのは、時間の空いたときにやればいいと思うのです。

サーバー代だって、ドメイン代だって、塵も積もれば山になるわけですから。

 

 

兼業でアフィリエイトに取り組むなら、

やることの取捨選択が必要です。

 

 

 

今すぐできること

 

Facebookやtwitterのアカウントを持っている人は、

ブログ投稿と同時にソーシャルメディアに反映されるように

アカウントを連携させておいてください。

 

 

SNSをガンガン使っていきましょう!

 

 

 

そして、グーグルさんが近寄ってきたら

心の中で「このツンデレめ!」とささやきながら

紳士に受け取っておきましょう。

 

ツンデレ

 

※写真と本文には因果関係はありません。

写真ACで「ツンデレ」を検索したら、この画像がヒットしました。

可愛いんで使ってみました!

 

 

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

アフィリエイトを学んでいると、

「共感を与える文章が大切です」と言われるはずです。

 

アフィリエイト塾に入ってない人でも、

一度は聞いたことがあるでしょう。

 

 

 

 

共感を与える文章を書く理由は、

「あなたのサイトの文章を読んでもらう」ためです。

 

悲しいことに、サイト訪問者は、

あなたのサイトの文章内容を

「見てる」だけで、「読んでいません」。

 

あなたは、昨日見たサイトの内容を覚えていますか?

覚えていたとしたら、それは

あなたの記憶にぐっさり刺さるような内容です。

(つまりあなたが必要としている、もしくは必要だと感じた)

 

 

 

あなたのサイトに訪問した人が

内容をよく読んでいないのは

別にあなたが悪いわけでもなく、仕方のないことです。

 

 

だから、読まない壁を突破するために、

共感してもらうことが必要になるわけです。

 

 

共感してもらうことで、

サイト訪問者は『自分のことだ!』と思ってくれるのです。

 

共感してもらうことで、

サイト訪問者は『自分のために書かれたサイトだ!』と思ってくれるのです。

 

 

 

では、いったいどうやって共感してもらうのか

 

共感してもらえるライティングノウハウ。

それ自体、そこまで難しいものではありません

 

こういうことを、もったいぶって話したり、

さも、難しいことをやってるかのように誘導しようとするから

混乱してしまうんですよね。

 

 

また、ボクの入っているアフィリエイト塾では、

共感してもらえる文章の書き方なんて教えてくれません。

なので、「共感してくれる文章の書き方ってなに?」

という疑問をもったままの状態が延々と続いていました。

 

 

疑問を持ち出すと、

「自分のやってることが、本当に正しいんだろうか」

と悩みますよね。

 

 

で、あれこれノウハウを試す結果になります。

※自己投資だと思って割り切ってる人にはいいですが、

欲しい情報にたどりつけなかった場合、イライラが募るだけです。

 

 

 

読者に共感してもらうために『ペルソナ』を設定する

 

ペルソナ

画像は、アトラスの大人気ゲームですが、ここで言うペルソナはちょっと違います。

 

 

「ペルソナ」とは

 

Microsoftのユーザー・リサーチ・マネージャーだったジョン・S.プルーイットによる『ペルソナ戦略――マーケティング、製品開発、デザインを顧客志向にする』が刊行されたのをきっかけに注目されたマーケティング手法です。

氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量的なデータだけではなく、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動などの定性的データを含めて、あたかも実在するかのような人物像を設定するが、更にイメージを明確にするために顔写真などが用いられる場合もある。

2割の典型的なユーザー像を浮き彫りにすることで、8割のニーズをカバーするという、「パレートの法則(80:20の法則)」を利用し、個人の詳細なニーズと掴むことを目指す手法とも言えます。

 

 

 

つまり、共感してもらうためには、

ライティングノウハウが重要なのではなく、

ターゲット設定がまず大切になるということです。

 

 

ターゲット設定ができていないのに、

ライティングスキルだけを学んでも、効果は半減します。

コピーライティング系のノウハウも同様です。

 

 

『共感してもらうことが大切だよ!』

と言ってる時の共感というのは、

このペルソナマーケティングとセットと思って間違いありません。

 

 

どちらか片方だけ知っていても、あまり意味がありません。

ペルソナというターゲット設定と、

共感する文章の書き方は、セットになって効果を発揮します

 

 

そして、しっかり理解してしまえば、

いろいろと応用していくことができるはずです。

 

 

もっとわかりやすくするために、
ボクのこのサイトのペルソナ設定を伝えておきましょう。

 

 

・会社から独立するためにアフィリエイトを始め、

・アフィリエイト塾にも入ったけど(商材をいろいろ買ったけど)

・ひたすらサイトを作るだけで、稼げる気がしない

・アフィリエイト塾で言われてることが理解できない

・そもそもSEOなんてよくわからない

・キーワード選定ってめんどくさそう

・今38歳の男性

・稼ぐためのライティングスキルってどんなの?

・アフィリエイトってひたすらサイトを作るだけの苦行なんじゃないの?

・アラフォーだと、SNSを使ってみたいけどいまいちよくわからない

・SNSでバズらせてみたい

・月の報酬が10万を超えたけど、それ以上稼げる気がしない

・忙しくて、サイトの量産なんて無理!

・昼間の仕事が忙しすぎてストレスが貯まる

・アフィリエイト塾に入ってるけど、目隠しして猛ダッシュしているとしか思えない

・アフィリエイトノウハウを上げたい!

・独身

・アフィリエイト塾でマインドセットは叩き込まれた

・でも、次にどうすればいいのか『具体的に』教えてほしい

・理屈っぽい
・身長178センチ
・サテライトサイトの更新のために毎日くだらないことを書くのは嫌だ
・月収7ケタ稼いでるアフィリエイターの話が理解できない
・質問しても、納得のいく答えが返ってこない

 

 

 

ざっとこんなところです。

他にもありますが、ペルソナにしているのはボク自身の過去です。

ペルソナ設定をつたえるのは、恥ずかしいのでこの辺でご勘弁を!

 

 

 

 

少しは、あなたに当てはまることがあったでしょうか。

当てはまる人には、このサイトは響くはずです。

 

 

当時、ペルソナ戦略と共感させる文章の書き方を知ったボクは、

2つの疑問が出てきました。

 

 

 

絞り込みすぎていいの?だって、それ以外の人には響かないでしょ?

 

日産の新型スカイラインのターゲット設定について知れば、

ペルソナ戦略はアフィリエイトだけの特殊な手法ではないことがわかるはずです。

大企業だって使っている手法ですから。

 

 

2014年2月に発売された日産自動車の主力乗用車「スカイライン」。

このスカイラインの月間販売目標は、200台でした。

 

しかし、この日産のスカイラインのターゲット層をめぐって、

ネット上で話題になりました。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw895058

 

 

というのも、日産の新型スカイラインが想定していたターゲットは、

 

「年齢でいうと40代前半の男性。共働きの奥さんがいて、娘が1人。外資系企業で管理職をしており、非常にタフな環境の第一戦(線)で活躍している人。都心のタワーマンションに住んでいる」

 

 

なんとも、セレブリティなペルソナターゲットです。

『非常にタフな環境の第一線で活躍』って曖昧な気もしますが(笑)

 

 

これは、日産自動車の日本商品企画部の女性担当者が

産経新聞の質問に対してこたえたスカイラインのターゲット層です。

 

 

 

日産がターゲットとして絞り込んだ人は、実際には600人程度とされていました。

なのに、月間の販売目標が200台ですよ?

 

仮に、実在している人がすべてスカイラインを購入したとしても

3カ月たったら売れないと思いますよね。

 

 

 

しかし、発売した2月から4月までの3か月間で、5,000台を超える数を受注しています。

想定しているターゲット層が、実際には600人くらいしかいないのに。

 

 

 

 

ターゲットを絞り込んだら検索して訪れる人自体が減るんじゃ?

 

あなたが『SEO的な手法』しか教わっていないと、

どうしても、検索ボリュームを意識するはずです。

 

 

 

そもそも、そんな絞り込んだ検索キーワードなんて通用するのか?と。

 

 

ただ、こうした絞り込まれたキーワードで上位表示させるのが、

ペラサイト(KW選定された1ページだけのサイトを大量生産する)で稼ぐ手法です。

 

 

ペラサイトは、

検索ボリュームが少ない(もしくはライバルが少ない)

キーワードを見つけてサイトを大量に作ります。

 

 

『KW選定 難しい アフィリエイト』という単語で検索する人が

どれくらいいるのかわかりませんが、

僕のサイトだってグーグルの1ページ目にいます。

 

あまり検索順位を意識したサイトではないので、

気にしていませんでした。

 

 

 

さらに、検索ボリュームなんてすっ飛ばして、

集客するための方法もあるわけです。

 

SEOに頼らずKW選定とか難しいことなしに、合法的にアクセスを集める方法

 

 

 

今日のまとめ

 

あなたが共感する文章を書くためには、

ターゲット設定(もっと言えば、ペルソナ設定)がまず必要だとお伝えしました。

 

ペルソナ設定は、パレートの法則(80:20の法則)にのっとって

もっとも刺さるターゲットを絞り込んだ戦略です。

 

 

 

共感してもらう文章の書き方を学びたい!って人は、

まずは、あなたのサイトのペルソナを書き出してみるといいですよ。

 

 

『こんなに絞り込んでいいの?』と不安になるくらい

がっつり絞り込んじゃいましょう!