このままでいいの?壁にぶつかったときの考え方

「このまま続けていいんだろうか?」

 

 

アフィリエイトをやってると

今取り組んでいる手法に不安を覚えたりしませんか?

 

 

 

真剣に取り組んでいれば

「努力してもなかなか結果が出せない」

ってことは誰もが経験するはずです。

 

 

ボクがアフィリエイトに取り組んで

初報酬を出したのって、3ヶ月後でした・・・orz

 

 

この時作ったブログ数って100個くらいです。

※ブログの数は意味がないので、参考にしないでください。

 

 

元々、アフィリエイトどころか

ブログを書いたことすらなかった3年前。

 

 

Ping送信という言葉の意味すらわかりませんでした。

 

そして、何を書いて良いのかすらわかりませんでした。

 

 

「壁にぶちあたった!」とあなたが感じるとき、

本当にこれでいいのか不安になるはずです。

 

 

しかし、客観的に判断する材料があれば、

判断を誤る確率も減ってきます。

 

 

 

成長段階は1次関数にはならない

 

これは、経営コンサルタントをやってる女の子から教わりました。

 

 

人が成長していくとき、

やればやっただけ着々と成長していくように思ってしまいますが、

実際には、次のような曲線を描くそうです。

 

成長曲線

 

理想とする成長と実際の成長段階にギャップがあるため、

壁にぶち当たるのは当然のことなんです。

 

 

真剣になればなるほど、何度も壁にぶち当たります。

 

 

 

ネットビジネスの成長曲線は更に極端

 

これは、アフィリエイトで稼ぐことを目的としたセミナーで

教わったものですが、非常に納得させられました。

 

 

ネットビジネスの成長曲線

 

実際には、2次関数的な曲線を描くわけでもなく

こうやって一気に伸びることのほうが多いそうです。

 

 

ボクが、初めて報酬10万円を達成したときも、

こんな感じで突き抜けた感がありました。

 

 

壁にぶち当たったときの対処法

 

メジャーリーガーのイチローさんの言葉を引用します。

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。
超えられる可能性がある人にしかやってこない。
だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

 

アフィリエイト塾でも同じことを教わりました。

 

「そもそも超えられない壁は訪れないから安心しろ」と。

 

 

 

「今からソフトバンクの孫社長の年収を抜くぞ!!」

とあなたが決意しても、

いまいちピンとこないのは、

あまりに現実とのギャップが激しすぎるからでしょう。

 

 

あなたの目の前にそびえる壁は、

あなたが次のステージに進むためのものです。

 

 

超えられるからこそ、その壁は存在しているんです。

 

 

 

今すぐできること

 

とんとん拍子で報酬を上げていく人もいるでしょうが、

なかなか報酬やスキルが上がっていかないときは

 

この図を思い出してください。

 

 

悩んでしまう人ってけっこう多いはずです。

なるほど!と思った方は応援お願いします!