Twitterでフォローしてくれた人に自動で返信できるStatusbrewの使い方

ブログのコメント回りだけでなく、ツイッターといえども、

フォローしてくれた人への挨拶くらいはしておきたいものですよね。

 

 

ツイッターのアカウントの向う側にいる人も

一人の人間ですから。

 

 

とはいっても、

フォロしてくれた人、一人ひとりにコメントを返信するのは

非常に大変ですよね。

 

 

今回は、フォローしてくれた相手に

ウェルカムDMを自動で送信する方法について紹介します。

 

 

ウェルカムDMを使えば、

あなたのキャッシュページに直接アクセスを集める確率を

高めることができます。

 

 

 

そこで、

フォローしてくれた相手に自動で返信するには、

Statusbrew(ステータスブリュー)というサービスが非常に便利です。

 

Statusbrew

 

ステータスブリューの使い方

 

ツイッターの自動DM機能が利用できるサービスというのは、

あれこれ探しましたが、このStatusbrewくらいだと思います。

 

 

Statusbrewは、無料プランのほかに有料のプランもあります。

自動でDMを返信するのは、無料プランでも可能です。

 

有料プランは、1月20ドルからとかなり高額なので、

無料プランを利用することをおすすめします!

 

 

 

Statusbrewの無料プランでDMの自動返信を設定する

 

1、まずtwitterのアカウントにログインします。

 

twitter ログイン済み

 

 

 

2.次にStatusbrewのホームページに進みます。

 

ログイン

 

 

3.表示されたログイン画面で「Twitterでログイン」を選択

 

ステータスブリューログイン画面

 

 

4.連携アプリの認証

 

連携アプリの認証

 

ツイッターのアカウントにログインしていると、

「Statusbrewにアカウントの利用を許可しますか?」

 

という確認がされるので、

 

「連携アプリを認証」をクリックしてください。

 

 

5.管理画面から連携されたツイッターの個人アカウントをクリック

 

ステータスブリュー個人用管理画面

 

6、個人用アカウント管理画面の左側にある「自動化」をクリック。

 

ステータスブリュー自動DM設定

 

 

クリックすると閉じられていた項目がでてきます。

その中の、歓迎DMをクリックします。

 

 

7、歓迎DMを選択し、「ウェルカムDMを使用する」にチェックを入れます。

 

ウェルカムDM

 

こうして、フォローされたときに

自動で返信したい内容を設定し、保存します。

 

 

 

以上が、Twitterの自動DM返信の手順です。

 

 

 

今日のまとめ

 

フォローされたときに自動でDMを送るために

Statusbrew(ステータスブリュー)のウェルカムDMの自動化について

今日は説明しました。

 

 

この方法は、

・サイトアフィリエイトをやってる人、

・明確に誘導したいキャッシュページを持ってる人

にとって、特に有効な方法です。