タグ:SEOの記事一覧

KW選定とか難しいことを考えないでコピペ中心で月10万のアフィリエイト報酬を獲得するには

兼業でアフィリエイトに取り組む人に情報発信をしています。時間がないのにあれもこれもってのは無理です。【考え方の軸】を作り、どこで時短するのか紹介しています。

タグ:SEO

共起語とサジェストの違い | 共起語を調べるツールを紹介

  • 投稿
  • Q&A
共起語とサジェストの違い | 共起語を調べるツールを紹介

アフィリエイト塾の先輩に教わったけど、

まったく理解できなかった共起語。

 

 

皆さん、共起語って知ってますか?

 

 

 

当時、アフィリ塾の先輩から、

「共起語をふんだんにコンテンツ内に入れるんだよ、

そのほうがSEO効果があがるから」と教わりました。

 

 

しかし、そもそも共起語がなんなのか理解できなかったことと、

共起語の調べ方すらわかりませんでした。

 

 

共起語の「共起」という言葉をネット上で調べると、

Wikipediaにこう書かれています。

 

共起(きょうき)は、ある単語がある文章中に出たとき、その文章中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。日本語の例では「崩御する」という単語に「天皇が」という言葉が多く用いられることや、単に他動詞には「を」が、「行く」には目的地を示す「に」が頻出することが挙げられる。

 

 

共起語というのは、

主にSEO対策として紹介される内容です。

 

 

サイトのコンテンツというのは、

メインのキーワードだけでなくそれに関連するキーワードも

サイトの記事内に盛り込まれているのも普通です。

 

 

キーワードの周囲によく現れる単語とも言えます。

共起語にあたる単語は1つではなく、複数存在します。

 

 

要は、文章内でセットで使われやすい言葉ってことです。

 

 

検索エンジンが、コンテンツの網羅性や専門性を判断する際、

この共起語を見ているとされています。

コンテンツ内に、共起語を適切に使用することで

コンテンツを上位表示させるのに役立ちます

 

 

 

むやみに、共起語を意識する必要はありません。

文脈を無視して、ひたすらメインキーワードと共起語を組み合わせるとか

そんなことをやっても、サイト訪問者のためになりません。

 

 

SEOは、あくまでもコンテンツに人を集めるための手段です。

 

SEO自体が目的になってアフィリエイトをすると

目的と手段を混同した状態となって、

サイト何百個も作ったけどぜんぜん稼げない!という結果になりかねません。

 

 

 

 

共起語と関連語(複合キーワード)との違い

 

共起語と一緒にされやすいのがサジェストキーワードです。

ボクも勘違いしていました。

 

 

 

サジェストキーワードというのは、

メインとなるキーワードとセットで「検索されやすい」キーワードのことです。

 

そして、共起語というのは、

メインとなるキーワードとセットで「文章内に使われやすい」キーワードです

 

 

 

 

グーグルや、ヤフーで検索すると

検索窓の下に入力候補が出てきますよね。

 

サジェスト

 

それが、サジェストキーワードです。

 

 

検索結果を下までスクロールすると、

関連キーワードとして出てくるのも、サジェストキーワードです。

 

ヤフーのサジェスト

 

 

 

 

 

共起語を調べるためのツール

 

共起語を調べるツールがあるので、参考にしてください。

 

・共起語検索

http://neoinspire.net/cooccur/

 

・共起語検索調査ツール

https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

 

 

 

むやみやたらなSEOを意識するより

しっかりサイト訪問者に有益な情報を提供したほうがいいです。

 

ただ、共起語って言葉がわかってくると

記事のリライトに使えるようになるので、紹介させていただきました。

 

 

 

 

SEO無視でもPVは稼げる 独自ドメインとって2週間で拾ったアクセス数

SEO無視でもPVは稼げる 独自ドメインとって2週間で拾ったアクセス数

SEOとかどうでもいいでしょ!と考え、

こちらのブログを作ったのが2月11日。

昨日でちょうど、2週間たったわけです。

 

 

 

SEOのような難しいスピリチュアルのような考え方は

なかなか理解しづらいものがあります。

 

 

 

・ドメインパワーはどちらが強いのか

・中古ドメインは当たり外れがある

・検索されるキーワードを記事タイトルに入れる

・SEOを意識したライティングスキル術

・独自ドメインのサイトは1ヶ月続けないとダメだよ

・アンカーテキストは分散しよう!

・SEOを意識するなら、1記事2000文字以上!

 

 

あなたもこうしたことを一度は聞いたことがあるはずです。

 

 

しかし、聞いて理解できましたか?

やってみてどうでしたか?

 

 

 

ボクには難解すぎて理解できませんでした。

 

 

結論から言ってしまえば、

理解できないことはやらなくてもいいと思います。

悩み事が増えるだけですから・・・。

 

 

 

 

サイト開設2週間が経過したので、

改めてページビュー数(PV数)とともにを振り返ってみました。

 

SNSマーケティング

 

 

 

2月11日   4件

ブログランキングの登録と記事入れを3件して、このサイトはスタートしました。

 

2月12日 1件

PV数1というのは悲しいですが、

生まれたてのサイトにきていただきありがとうございます。

(総記事数4件)

 

2月13日 32件

(総記事数6件)

 

2月14日 16件

(総記事数8件)

 

2月15日 24件

(総記事数11件)

 

2月16日 29件

(総記事数12件)

 

2月17日 89件

(総記事数13件)

初めて、このブログにコメントをいただきました。

コメントいただいた方ありがとうございます。

とても嬉しかったです。

 

2月18日 94件

記事入れなし

 

2月19日 32件

(総記事数14件)

 

2月20日 129件

(総記事数15件)

 

2月21日 201件

(総記事数16件)

この頃は、ツイッターからのアクセスが1/3を占めていました。

 

2月22日 842件

(総記事数18件)

フェイスブックで、はてブがバズられたようです。

はてブしてくださった方、ありがとうございます。

 

2月23日 168件

記事入れなし

 

2月24日 145件

(総記事数19件)

 

2月25日 317件

(総記事数21件)

 

2月26日 785件(20:41時点)

(総記事数22件)

検索エンジン経由で、

アクセスが伸び始めました(速攻終わるかもしれませんが)。

25日に投稿した記事が引き金のようです。

スマホのニュースサイトにも取り上げられたみたいで、

少ないですが、そちらからもアクセスがありました。

 

 

 

検索サイトのグーグルからのアクセスが

どういうキーワードだったのかわかりませんが、

検索順位をあげるために被リンクサイトを作っていません。

 

時間が足りなくて

放置されたシーサーブログがボクの被リンクブログです。

http://affi2017.seesaa.net/

 

 

それと途中でメンテナンスが飽きた

アフィリエイトノウハウまとめ系のアンテナサイトです。

http://apatz.com/affiliate2017/

 

 

被リンクをあててるサービスはこちら。

被リンクサイト晒します アフィリエイトの被リンク媒体をどう作るのか

 

 

 

こちらのサイトのペルソナ設定については、

この記事にも書いたとおりです。

 

サイト訪問者に共感してもらうための文章を書くときに最も大切なことがコレ

 

 

大してSEOなんて意識しなくても、

 

・これだけのアクセスを集められること

・「グーグルの奴隷になりたくない!」

と思ってたらグーグルから歩み寄ってくれたこと(ツンデレめ!)
・独自ドメイン開設してから1カ月経たなくても、

まとまったアクセス数になること

 

といった結果になりました。

 

SEO意識しなくても、アクセスとれるんだったら、

時間がないのにサテライトサイトの量産、更新とかやらなくてもいいと思います。

 

 

そういうのは、時間の空いたときにやればいいと思うのです。

サーバー代だって、ドメイン代だって、塵も積もれば山になるわけですから。

 

 

兼業でアフィリエイトに取り組むなら、

やることの取捨選択が必要です。

 

 

 

今すぐできること

 

Facebookやtwitterのアカウントを持っている人は、

ブログ投稿と同時にソーシャルメディアに反映されるように

アカウントを連携させておいてください。

 

 

SNSをガンガン使っていきましょう!

 

 

 

そして、グーグルさんが近寄ってきたら

心の中で「このツンデレめ!」とささやきながら

紳士に受け取っておきましょう。

 

ツンデレ

 

※写真と本文には因果関係はありません。

写真ACで「ツンデレ」を検索したら、この画像がヒットしました。

可愛いんで使ってみました!